バンカーからのアプローチもしっかり練習しましょう

バンカーからのアプローチもしっかり練習しましょう

バンカーからのアプローチは、ゴルフにおいてなかなか難しいショットの1つですよね。最近では多くのゴルフ練習場でも練習用のバンカーがもうけられています。ドライバーショットほど頻度は高くないかもしれませんが、しっかり練習しておきたいですね。

 

バンカーショットの難しさの理由の1つが、通常のショットと打ち方を変えていかななければならない点です。バンカーショットではフェースを開き、ボールの手前の砂にフェースを差し込むようにショットしなければなりません。これで砂を跳ね上げることで、ボールを飛ばしていくことになるんですね。

 

もう1つ、バンカーショットを難しくしている理由が距離感の難しさです。直接ボールをヒットするわけではないので、思った以上にボールが飛んでしまうこともあれば、全然ボールが飛ばずバンカーを脱出できないということもあるのではないでしょうか。

 

1つの目安としては、フェアウェイからのアプローチの2〜3倍くらいの飛距離を出すつもりでショットすることになりますが、これは砂質やボールの埋まり具合によっても左右されてしまいます。ここらへんはある程度の経験がモノをいってくる部分です。

 

初心者の場合、ボールを飛ばしすぎるよりも飛ばしすぎを恐れてしまう傾向のほうが強いです。ちょっと強めに叩いてアプローチしていく方が、最初のうちは失敗が少なくなると思います。正しくショットすることができれば、バンカーショットはある程度スピンもかかりますから、多少オーバーしてもあまり転がらずに止まってくれますよ。