ゴルフに大切な基礎トレーニング

ゴルフに大切な基礎トレーニング

ゴルフは結構体力を使うスポーツです。練習場とは違い、18ホールを歩き回ることでそれなりの体力を消耗してしまいます。

 

もし、ゴルフをしていて最初の9ホールよりも後半のほうがスコアが落ちるという方は、体力不足が原因の可能性がありますよ。そういう方は、ゴルフの練習とは別に基礎トレーニングを行うことをお勧めします。足腰の基礎トレーニングをすることで、健康と同時にスコアがよくなるのであれば一石二鳥ですね。

 

足腰の基礎トレーニングとして一番効果があるのは、やはりウォーキングです。ジョギング・ランニングでもいいですが、体力に自信のない方は無理をしてはいけません。一日30分程度のウォーキングから始めてみましょう。

 

一方、筋力も基礎トレーニングで向上させることも大切です。筋力をつけることは飛距離を向上させる以外にも意味がありますよ。腹筋や背筋は、腰を傷めないようにするために非常に大切な部分です。足腰を鍛えるスクワットと合わせて、毎日少しずつでもいいので定期的に続けていきたいですね。

 

もちろん、腕の筋力も大切です。手首やヒジのあたりを鍛えることで、ショットをしても疲れにくくなりますし、万が一ダフったりして手首に余計な力がかかってしまった場合もケガをしにくくなりますよ。腕立て伏せでは、手首を重点的に鍛えることは難しいです。ヒジよりも上部を固定し、ダンベル(なければ水を入れたペットボトルなどもいいですね)を持ち上げるといったトレーニングの方が向いていますよ。

関連ページ

ゴルフに大切な基礎体力とは
ゴルフに必要な基礎体力とは、筋力・腕力といった力のほかに、足腰の持久力や心肺機能なども含みます。ランニングや柔軟体操が基礎体力向上に有効です。
ゴルフに必要な基礎体力のつけ方
ゴルフをはじめるなら、健康向上も兼ねて基礎体力のつけ方も考えてみませんか。有酸素運動の他、普段の生活習慣も見直しをしてみましょう。
ゴルフに必要な基礎体力を鍛える
ゴルフは18ホールを歩き回る、基礎体力を必要とするスポーツです。心肺機能の向上のため、ジョギングやウォーキングといった運動を定期的に行いましょう。
ゴルフは基礎練習が大切なスポーツです
ゴルフは、同じ動作を繰り返すことが多いため基礎練習が非常に大切なスポーツです。自己流のスイングで悪いクセを身に着けないよう、教材を参考にしてスイングを固めましょう。
基礎体力作りと並行して行うこと
ゴルフに必要な基礎体力作りと並行してやっておきたいことは、ケガの可能性を減らす柔軟体操と、きちんとした食事でバランスのとれた栄養をとることです。
基礎体力向上に有効な水泳・自転車
ゴルフに欠かせない基礎体力向上には、水泳や自転車が有効です。歩くことでもいいので、できるだけ継続できる運動を選んで実行しましょう。