ゴルフに大切な基礎体力とは

ゴルフに大切な基礎体力とは

ゴルフを含め、全てのスポーツに大切な基礎体力とは、どのような力のことを指しているでしょう。基礎体力とは、筋力・腕力といった力のほか、足腰の持久力、心臓や肺など内臓の強さも含めています。ゴルフでは、ただ大きな飛距離を出すことができても優れた基礎体力とは呼べません。18ホール続けて、同じクオリティでショットを打ち続けられるのも大切です。

 

「メンタル」は直接基礎体力には含まれませんが、基礎体力はメンタルにも影響を与えます。ゴルフはメンタルのスポーツとも言われますが、ホールを追うごとに蓄積される疲労感は確実にメンタルに悪影響を与えます。

 

そういったところも含めて、ゴルフに必要な基礎体力のナンバーワンは腕力よりもスタミナということになるでしょう。後半、ショットの正確性が落ちるという方は特にスタミナアップをしたいですね。

 

スタミナアップに一番向いている運動は、やはりウォーキング、ランニングです。下半身の筋力をつけることで、ショットに必要な下半身の安定も図ることができます。そして、一方で心肺機能の向上を図ることで後半に入っても疲れない体を作り上げることができますよ。

 

また、けがをしにくい体を作るために柔軟体操もある程度行っておきたいですね。ゴルフのスイングは、結構体に負担をかける運動です。関節などを傷めることのないよう、けがしにくい体を作っておきましょう。ひざ、肩、腰などは特にゴルフで傷めやすいところですから、他の運動と合わせて柔らかくしておきましょう。

関連ページ

ゴルフに大切な基礎トレーニング
ゴルフは体力を使うスポーツです。ウォーキングなどの足腰の基礎トレーニングと、筋力トレーニングを行うことでスコアの上昇だけでなくケガを防ぐこともできます。
ゴルフに必要な基礎体力のつけ方
ゴルフをはじめるなら、健康向上も兼ねて基礎体力のつけ方も考えてみませんか。有酸素運動の他、普段の生活習慣も見直しをしてみましょう。
ゴルフに必要な基礎体力を鍛える
ゴルフは18ホールを歩き回る、基礎体力を必要とするスポーツです。心肺機能の向上のため、ジョギングやウォーキングといった運動を定期的に行いましょう。
ゴルフは基礎練習が大切なスポーツです
ゴルフは、同じ動作を繰り返すことが多いため基礎練習が非常に大切なスポーツです。自己流のスイングで悪いクセを身に着けないよう、教材を参考にしてスイングを固めましょう。
基礎体力作りと並行して行うこと
ゴルフに必要な基礎体力作りと並行してやっておきたいことは、ケガの可能性を減らす柔軟体操と、きちんとした食事でバランスのとれた栄養をとることです。
基礎体力向上に有効な水泳・自転車
ゴルフに欠かせない基礎体力向上には、水泳や自転車が有効です。歩くことでもいいので、できるだけ継続できる運動を選んで実行しましょう。