ゴルフに必要な基礎体力のつけ方

ゴルフに必要な基礎体力のつけ方

ゴルフをはじめた方の中には、今までほとんどスポーツらしいスポーツをしたことのない方もいらっしゃることと思います。また、学生時代には各種スポーツで体を鍛えていたという方でも、ゴルフをはじめようと思った時にはすでに全く体型も変わってしまい、とてもスポーツに向いた体ではなくなってしまったという方もいることでしょう。

 

そのような方は、ゴルフの練習をするとともにゴルフに必要な基礎体力をつける必要もありますね。基礎体力のつけ方に楽なものはありませんが、ご自身の健康向上も兼ねて、是非毎日の習慣に運動を取り入れてほしいと思います。

 

足を動かす有酸素運動が、最も理想的な基礎体力のつけ方だと思います。ゴルフクラブを持つのは腕ですが、ゴルフスイングに必要なのは足腰の強さですし、ゴルフはかなりの距離を歩くスポーツです。足腰の強化は欠かせません。

 

また、有酸素運動は心肺機能の向上にも役立ちます。スタミナは、実はゴルフをするのに欠かせない資質の一つです。後半に入っても集中して正確なショットを狙うためには、高いスタミナは必須です。

 

基礎体力のつけ方以外にも、大切なことはあります。せっかくゴルフをはじめるんですから、健康のために普段の生活習慣も見直してみませんか。食事の習慣、睡眠の習慣なども見直しておきましょう。コンディションが悪い状態でラウンドすることは、ケガの原因ともなりかねません。ラウンドするときに実力を出し切れるよう、少なくともラウンド予定の1〜2週間前くらいからは当日に向けてベストな体調をキープしましょう。

関連ページ

ゴルフに大切な基礎トレーニング
ゴルフは体力を使うスポーツです。ウォーキングなどの足腰の基礎トレーニングと、筋力トレーニングを行うことでスコアの上昇だけでなくケガを防ぐこともできます。
ゴルフに大切な基礎体力とは
ゴルフに必要な基礎体力とは、筋力・腕力といった力のほかに、足腰の持久力や心肺機能なども含みます。ランニングや柔軟体操が基礎体力向上に有効です。
ゴルフに必要な基礎体力を鍛える
ゴルフは18ホールを歩き回る、基礎体力を必要とするスポーツです。心肺機能の向上のため、ジョギングやウォーキングといった運動を定期的に行いましょう。
ゴルフは基礎練習が大切なスポーツです
ゴルフは、同じ動作を繰り返すことが多いため基礎練習が非常に大切なスポーツです。自己流のスイングで悪いクセを身に着けないよう、教材を参考にしてスイングを固めましょう。
基礎体力作りと並行して行うこと
ゴルフに必要な基礎体力作りと並行してやっておきたいことは、ケガの可能性を減らす柔軟体操と、きちんとした食事でバランスのとれた栄養をとることです。
基礎体力向上に有効な水泳・自転車
ゴルフに欠かせない基礎体力向上には、水泳や自転車が有効です。歩くことでもいいので、できるだけ継続できる運動を選んで実行しましょう。