ゴルフは基礎練習が大切なスポーツです

ゴルフは基礎練習が大切なスポーツです

ゴルフは、基本的にはショット・パットという同じ動作の繰り返しです。特にパー4・パー5のティーショットはほとんどの場合ドライバーでボールをまっすぐ遠く飛ばすということで、全く同じ動作を繰り返すことになりますね。

 

そのため、基礎練習を繰り返すことがゴルフ上達の近道になります。基礎練習で大切なことは、一人だけで練習しないことです。もちろん、ゴルフは自分一人でショットをするスポーツですし、練習でもそれは同じことです。

 

一人だけで練習しないということは、他の方の教えや意見を取り入れず、自己流のスイングを繰り返さないということです。自己流の基礎練習を通して身についてしまった悪いクセは、そう簡単に拭い去れるものではありません。

 

ゴルフは、教則本などの教材が非常に役に立つスポーツです。ゴルフレッスンを受ける時間がない方は、必ず教則本やビデオ、DVDなどを参考にアドレス・グリップ・スイングの基本事項を確認するようにしたいですね。こういった基本事項の確認は、忙しい方でもご家庭で行うことができますよ。

 

また、ショットだけでなくパターの基礎練習もできるだけ行っておきましょう。ゴルフの約3分の1はパターを用いてのパッティングです。力を必要としない上、初心者であってもそれほど大きく左右にずれることが少ないため軽視されがちですが、パターの練習はとても大切です。ショートパットを確実に沈めることができるようになれば、実際のラウンドでもかなりスコアを短縮することができますよ。

関連ページ

ゴルフに大切な基礎トレーニング
ゴルフは体力を使うスポーツです。ウォーキングなどの足腰の基礎トレーニングと、筋力トレーニングを行うことでスコアの上昇だけでなくケガを防ぐこともできます。
ゴルフに大切な基礎体力とは
ゴルフに必要な基礎体力とは、筋力・腕力といった力のほかに、足腰の持久力や心肺機能なども含みます。ランニングや柔軟体操が基礎体力向上に有効です。
ゴルフに必要な基礎体力のつけ方
ゴルフをはじめるなら、健康向上も兼ねて基礎体力のつけ方も考えてみませんか。有酸素運動の他、普段の生活習慣も見直しをしてみましょう。
ゴルフに必要な基礎体力を鍛える
ゴルフは18ホールを歩き回る、基礎体力を必要とするスポーツです。心肺機能の向上のため、ジョギングやウォーキングといった運動を定期的に行いましょう。
基礎体力作りと並行して行うこと
ゴルフに必要な基礎体力作りと並行してやっておきたいことは、ケガの可能性を減らす柔軟体操と、きちんとした食事でバランスのとれた栄養をとることです。
基礎体力向上に有効な水泳・自転車
ゴルフに欠かせない基礎体力向上には、水泳や自転車が有効です。歩くことでもいいので、できるだけ継続できる運動を選んで実行しましょう。