基礎体力向上に有効な水泳・自転車

基礎体力向上に有効な水泳・自転車

ゴルフに欠かせない基礎体力向上の手段は、いくつかあります。有酸素運動を行うことが基本ですが、せっかくならゴルフに必要な筋力も、一緒につけたいですよね。

 

全身を使う有酸素運動の代表は、実は水泳です。泳ぎが得意な方にとっては、あまりそういうイメージが湧かないかもしれませんが、水泳は短時間でも相当なカロリー消費をもたらす運動です。水の浮力により足腰にかかる負担も少ないですし、全身の筋肉を用いるのも魅力です。

 

しかし、水泳はできる人が限られてしまいますね。泳ぎが苦手な人もいらっしゃいます。近くに通いやすいプールのない方にとっても難しいです。また、ある程度お金をかけなければプールに通うこともできませんよね。そのような方は、他の手段を考えなければなりません。

 

もう1つ、基礎体力向上に有効で誰でもできる有酸素運動が、自転車です。腕こそ使いませんが、足腰を鍛えるとともに心肺機能も十分鍛えることができます。こちらも、ランニングやウォーキングよりも足にかかる負担が少なくて済みますよ。太ももなどにつく筋力も、ゴルフの役に立ちますよ。

 

基礎体力向上は、手段そのものよりも「継続できるかどうか」が大切です。毎日必ず、とはいいませんが週に3〜4回は30分程度行える運動を選びましょう。どのような運動も難しいという方は、ただ歩くだけでも十分です。通勤が徒歩30分程度で通える場所であれば、悪天候の日以外は歩いて出社するのもいいと思います。歩く際は、背筋を伸ばした姿勢でてきぱきと歩くようにしましょう。

関連ページ

ゴルフに大切な基礎トレーニング
ゴルフは体力を使うスポーツです。ウォーキングなどの足腰の基礎トレーニングと、筋力トレーニングを行うことでスコアの上昇だけでなくケガを防ぐこともできます。
ゴルフに大切な基礎体力とは
ゴルフに必要な基礎体力とは、筋力・腕力といった力のほかに、足腰の持久力や心肺機能なども含みます。ランニングや柔軟体操が基礎体力向上に有効です。
ゴルフに必要な基礎体力のつけ方
ゴルフをはじめるなら、健康向上も兼ねて基礎体力のつけ方も考えてみませんか。有酸素運動の他、普段の生活習慣も見直しをしてみましょう。
ゴルフに必要な基礎体力を鍛える
ゴルフは18ホールを歩き回る、基礎体力を必要とするスポーツです。心肺機能の向上のため、ジョギングやウォーキングといった運動を定期的に行いましょう。
ゴルフは基礎練習が大切なスポーツです
ゴルフは、同じ動作を繰り返すことが多いため基礎練習が非常に大切なスポーツです。自己流のスイングで悪いクセを身に着けないよう、教材を参考にしてスイングを固めましょう。
基礎体力作りと並行して行うこと
ゴルフに必要な基礎体力作りと並行してやっておきたいことは、ケガの可能性を減らす柔軟体操と、きちんとした食事でバランスのとれた栄養をとることです。