中古クラブ売却はセットで

中古クラブ売却はセットで

初心者の時に使っていたクラブも、徐々に物足りなくなってくる時が来ることでしょう。また、何となく借りて使ってみた他の人のクラブが意外としっくり来たり、試し打ちしてみたクラブが欲しくなったり。そんなきっかけでクラブを買い替える時も来ると思います。

 

そんな時、使わなくなったクラブを捨ててしまうのはあまりにももったいないと思いませんか。中古クラブ売却は、思ったよりもゴルフショップにとっては嬉しいものなんです。エコのためにも、中古クラブ売却を考えてみませんか。次のゴルフクラブ購入の資金も負担を少なく買うことができますよ。

 

ただし、最初に購入したクラブセットのうち使わないクラブがあるという場合。どうせ使わないのだから、売った方がお得かなと思われるかもしれません。しかし、こういう時にはあえてしばらく売らずに残しておくほうがいいんですよ。

 

なぜかというと、中古クラブ売却はセットまとめて売るほうがいいからです。ゴルフショップとしても、できるだけ中古クラブはセットで店頭に並べたいものです。また、皆さんが1本だけ使わないクラブということは、それだけ使われにくいクラブだということ。おそらく、ロングアイアンやウッドといったところではないでしょうか。そういったクラブは単品で売っても、それほど高価な値では売ることができません。

 

クラブセット全体で買い替えの時、セットでまとめて売却することで単品で売るよりもかなり高い査定を得ることができます。査定で有利になるよう、傷をつけずに大事に保管しておいてください。

関連ページ

ゴルフクラブ選びにはシャフトのしなり具合も大切です
シャフトのしなり具合も、ゴルフクラブ選択の大切なポイントです。グリップ部分に近い部分がしなりやすいか、ヘッドに近い部分がしなりやすいかで打球も変わってきます。
ゴルフゴーラウンドの紹介
ゴルフゴーラウンドは、岡山県に3店舗を展開するゴルフショップ。中古クラブを中心に取り扱っていて、レンタルシステムなども大好評の店舗です。
シャフトの劣化と中古ゴルフクラブ
ゴルフクラブは日々進化していますが、シャフトは劣化を無縁ではいられません。中古のクラブを選ぶにはある程度のリスクがあります。中古で買った後、気に入ったクラブのみ新品で買いなおすという手もありますよ。
シャフトの調子でゴルフクラブを選ぶ
ゴルフクラブのシャフトは、しなり具合によって先調子・元調子・中調子に分かれます。打球方向や弾道の高さにも影響を与えますので、打ってみて相性のいいクラブを選びたいですね。
プロも気を配る、ゴルフクラブの硬さについて
ゴルフクラブのシャフトの硬さは、自分にあったものを選びましょう。一般的な男性ゴルファーは、Rあたりのものが標準です。ゴルフショップでスイングスピードを測り、自分に合ったシャフトを選ぶのもよいでしょう。
一般的にはクラブセットにどんなクラブを選択しているか
多くの方が悩むクラブセットの中身ですが、一般的にはドライバー、パターの他にウッドを2〜3本、アイアンを8本程度そろえるのが普通です。ただし、近年はロングアイアンの代わりにショートウッドやユーティリティークラブを使う方も増えています。
全ゴルフクラブの中心、6番アイアン
ゴルフクラブの真ん中に位置する6番アイアン。全てのクラブの使い方に通じるクラブです。初心者の方は、6番アイアンをしっかり振れるようになるまで、姿勢を確認しながら練習することも有効です。
アマチュアゴルファーには扱いにくいプロモデルシャフト
プロゴルファーの使用しているクラブを模倣したプロモデルシャフトはスイートスポットが小さく、アマチュアゴルファーには扱うのが難しいゴルフクラブです。
自分のスイングに合った、ゴルフクラブのウエートの計算式
「14インチバランス法」というウエートの計算式で計測された、ゴルフクラブの支点がどこにあるかを意味するバランスはゴルフクラブの重要な要素の1つです。
ゴルフ初心者にもっとも扱いにくいクラブ、ドライバー
ゴルフ初心者にとって、一番難しいクラブであるのがドライバーです。扱いやすいクラブを選び、力まず正しいスイングを心がけて練習しましょう。
初心者のクラブ選びはシャフトの硬さも大切です
ゴルフクラブを選ぶ要素の1つに、シャフトの硬さがあります。初心者の方は、プロが使っているような硬いシャフトではなく、自分のスイングスピードに合ったものを使うようにしましょう。
基本クラブセットの揃え方
ゴルフをはじめるなら、是非自分に合った基本クラブセットを買いましょう。最初からフルセットで揃えるほか、アイアンセットにパターを購入しておく方法もあります。
ショートゲームでは、前傾姿勢でクラブを振ることを意識して
ショートゲームは非常に有用な練習です。正確性が大切なショートゲームでは、前傾姿勢を大きめにしてクラブを振り抜くことを意識してラウンドしてみるといいでしょう。
最初のゴルフクラブの選び方について
初心者の方はクラブの選び方も悩みどころですね。最初のうちは、ドライバーとウッド1本、ミドルアイアンからウェッジを数本に加え、パターを揃えるでも十分練習することができますよ。
通販でゴルフクラブをお得に入手する
店舗以上に多くのクラブが揃っていて、安く購入できる可能性があるインターネットのゴルフ用品通販サイト。是非一度覗いてみてください。