ゴルフ初心者の上達法

ゴルフのプレーに一番大切なことは、しっかりしたアドレスを身につけることです。最も基本的なことではありますが、安定したショットを打つためには欠かせないことですよ。一度身についた悪いアドレスはなかなか直しにくいですので、ゴルフを始めたらできるだけ早いうちに身につけるべき事柄です。ゴルフの基本的なアドレスを下半身からチェックしていきましょう。まず、両足の体重のかけ方について。右利きの方の場合、右足にほん...

ゴルフは全身を使うスポーツですが、体のどこの部分を一番使うでしょうか。やはり、スイングをする腕でしょうか。手首でしょうか。それともゴルフクラブを握る手の平でしょうか。もちろん、手や腕がなければゴルフクラブを振ることができません。しかし、ゴルフで一番使うのは「足」という考え方もできませんか。しっかりしたスイングをするには、足腰がしっかりしていなければなりませんし、何よりも足が大切なのはゴルフが「歩く...

グリーンは、ゴルフの中で最も神経が研ぎ澄まされる場所。少しでも集中力が乱されたくありませんよね。そのため、グリーン上のマナーはとても大切になってきます。グリーン上のマナーとして一番大切なことは、ボールのマークです。他人のパッティングの妨げにならないよう、邪魔になりそうな時は必ずマークするようにしなければなりません。例えラインが全くかぶっていなくとも、ボールが視界に入らないほうが集中しやすくなるもの...

忙しい方にとって、ゴルフ場で実際のラウンドを回る機会はなかなかめぐってこないものです。時間がないというのもその一因ですが、意外と多くの方のチャンスを奪っているのが、一緒にラウンドするプレイヤーがいないという悩みです。多くのゴルフ場では、1人でのラウンドは認められていません。閑散期の平日であれば、1人ラウンドも可能となっているコースもないではないですが、カレンダー通りの仕事をこなしている方にとっては...

ゴルフのスコアの書き方は、それほど難しくありません。自分のスコアを把握することは、目標を持ってゴルフに取り組むためには欠かせません。ゴルフを上達するためには、毎ラウンド必ずスコアをつけ、とっておくことが大切ですね。悪いスコアも自分への戒めとして残しておきましょう。また、後々コンペなどに出場する際にも正しいスコアカードの提出が必要です。練習ラウンドのうちから、正しい書き方を練習しておくのがいいですね...

ゴルフのマナーにおいて、「時間」を守ることはとても大切なことです。自分たちだけが同じゴルフ場でラウンドしているのではなく、後続の方たちもいるのだということを考えれば当然のことですね。こう言ってしまうと、初心者の方は不安に感じる方もいるかもしれません。上手な方に比べて打数が多くかかってしまうためですね。しかし、ラウンドを回る際に時間短縮のために必要なマナーを身につけておけば、そうそう迷惑をかけること...

ゴルフのラウンドをする前には、しっかりした準備が必要です。もちろん前日にしっかりとクラブなどの道具をお手入れは行っていることと思いますが、ゴルフの準備はそれだけではありませんよ。ゴルフ場に着くまでの準備も非常に大切です。早朝にラウンドすることも多いですから、絶対に遅刻することのないように早めに就寝することや、車のガソリンを満タンにしておくことは欠かせませんね。できれば、前日にゴルフクラブなどのラウ...

ゴルフは、大自然を生かした競技です。そのため、実際のラウンドでは常に平坦で打ちやすい場所からボールを打ち続けることはできません。時にはバンカーの中、林の中からボールを打つ必要も出てきます。時には池などの水中という、どうやってもその場所から打つことのできない位置にボールが飛んでしまうこともありますね。プロであっても落としてしまうことがあるのですから、アマチュアゴルファーはなおさら池にボールを落として...

ゴルフのルールにおいて、その場所に打った場合はペナルティがある地点には杭が建てられています。代表的なものが、OBですね。ゴルフにおいて最も打ちたくない場所です。一方で、池や小川などのまわりには赤杭や黄杭が立てられていることが多いです(ウォーター・ハザード)。この赤杭エリアと黄杭エリアでは少しだけルールが異なりますので、それぞれについてよく理解しておきましょう。どちらの場合でも、その場所からボールを...

ゴルフにおいて、OBやウォーター・ハザードの中ではないけれどもそのままボールを打つことのできない場所にボールが落ちてしまうこともありますね。例えば、雨上りの後にくぼんだ場所にできた深めの水たまり(カジュアル・ウォーター)や、野生の動物が掘っていた穴の中などにボールが落ちてしまう場合です。コース内の修理地も救済対象になりますよ。このような場合、ゴルフのルールには救済措置が定められています。救済を受け...

ゴルフはストロークプレイであれば、個人個人のスコアを競う個人競技ということができます。特に競争相手がいない場合であれば、ラウンドの目的は完全に「少しでもよいスコアを出す」という一人のプレイヤーに自己完結したものにもなりますね。しかし、ゴルフは完全に一人でプレイするものではありません。多くのゴルフ場では一人でラウンドすることはできませんし、仮に平日など空いている日に一人でラウンドすることができたとし...

プロゴルファー以外の方にとって、毎日ゴルフをすることはほぼ不可能に近いですね。特に、実際のゴルフ場でラウンドをする機会は年に数回になることすらありえます。そのような環境のもと、スコアを伸ばしていくためには毎回のゴルフから何かを得なければなりません。練習やラウンドのたびに、ゴルフ日記をつけてみることをお勧めします。その時々にゴルフをしていて感じたことを、できるだけ細かに日記に記録しておくのです。例え...

2008年、ゴルフについて重要なルール改正が行われました。プロから初心者まで、あらゆるゴルファーが直面する可能性のある重要なルール改正です。1つは、ハザードやバンカー内での誤球についてです。ルール改正以前は、ハザードやバンカー内で同伴競技者の球を誤って打ってしまってもペナルティーがありませんでした。それまでのゴルフのルールでは、ボールを拾い上げて自分のボールであるかどうかを確認することが禁じられて...

ゴルフを気持ちよくプレイするためには、さまざまなマナーなどを守ることが大切です。その中の一つに、「ナイスショット」「ナイスオン」といった掛け声をかけることがあります。例え初対面の方とラウンドする場合であっても、「ナイスショット」「ナイスオン」といった掛け声をかけあうことで、互いにいい気分でショットをすることができますよ。ただし、初心者の方にとってはどの程度のショットであれば、あるいはどのようなタイ...

ゴルフに必要なものは、ゴルフクラブやゴルフボールなど、直接プレイに関係するものだけではありません。ラウンドをする際には、結構用意しなければならないものが多いですよ。まず1つ、ゴルフに必要なものとして「帽子」があります。ただボールを打つだけであれば、確かに帽子は全く必要ありません。しかし、ゴルフボールが頭に当たると大けがの危険がありますから、必ず帽子は装備してゴルフをするようにしましょうね。また、女...

ゴルフクラブのグリップの種類には、ラバーグリップとコードグリップがあります。グリップの種類で主に異なってくるのは、グリップの摩擦の高さや硬さです。コードグリップは、ラバーに糸が練り込んであるため、摩擦力が高いグリップです。握った感じ、ラバーグリップよりも固く感じることでしょう。耐久力が高く、長く使えるのもコードグリップの長所です。一方でラバーグリップは、糸が練り込んでいない分摩擦力が低く、握った感...

ゴルフには、数多くのマナーがあります。その中には、プレー中だけでなくプレー前後のマナーもありますよ。昔、小学校の先生が「家に着くまでが遠足です」なんていうことを言っていたかもしれません。ゴルフの場合、プレー前のマナーも大切です。「前日の夜、準備を始めてからがゴルフです」と言ってもいいくらいです。ゴルフのプレー前のマナーで、最も大切なのは「時間を守ること」。これに尽きます。前日の夜から、遅れないよう...

ゴルフの打ち方は、野球とは全く異なっています。日本の球技で、男の子が一番プレイする機会が多いと思われる野球。そのクセが、ゴルフに悪影響を与えていることも多くあるようですね。ただし、野球で培われた筋力や体力は、そのままゴルフにも応用が効きます。プロ野球選手がシーズンオフにコンペをしている様子などが、テレビで流れているのを見たことがあると思います。やはり、プロ野球選手の飛距離はすさまじいですね。クリー...

ゴルフで安定したショットを生み出すのは、安定したグリップの他に、正しいアドレスです。アドレスの基本を正しく身につけ、悪い癖が出ないようにしたいですね。ゴルフのアドレスの基本は、下半身からです。体の軸がぶれない程度に、右足(右利きの方の場合)に少し体重をかけるようにします。かかとよりもつま先側に体重をかけますが、この時背筋が猫背にならないようにしましょう。背中が丸まってしまっては、良いショットが打て...

ゴルフの基本ルールについてどんな方でも知っていると思われるのが、ゴルフは総打数を競うゲームであるということですね。総打数が一番少ない人が、ゴルフの勝者であるに決まっています。そして、ゴルフは18ホールで争われます。ほとんどのゴルフコースでは、全18ホールの標準打数を「72」と定めています。72よりも打数が下回った場合、「アンダー」で、打数がうわまった場合は「オーバー」と表現されます。70ならば「2...

ゴルフの正しいスイングを生み出すのは、正しい基本姿勢です。基本姿勢が崩れていては、どうやってもよいスイング、よい弾道を作り出すことはできません。具体的に気を付けるべき点はどういったポイントになるでしょうか。まず、スタンスの広さについてです。肩幅程度に広げましょう。足腰をどっしり構えようとして肩幅以上にスタンスを広げる方もいらっしゃいますが、ゴルフのスイングに大切なボディターンが妨げられることになる...

ゴルフは、数多くの道具を必要としていることなどから、前日の準備確認が非常に大切です。前日の準備確認にはどのようなことが必要でしょうか。まず、当然ながらクラブやボールを確認します。同時に、ティーやマーカーなどもしっかり確認しておきましょう。次に、グローブや帽子、靴、ウェア(着替えを含めて)も確認します。ゴルフ場は山中などにあるため、雨が降ったり急激に気温が下がる場合も多いですね。翌日の天気予報を確認...

ゴルフの初心者にとって、一番最初に基準となるスコアは大体120前後になります。18ホール全てをダブルボギーまたはトリプルボギーで回れば、これくらいのスコアになりますね。スコアはこれ以上悪くても構わないのですが、初心者にとってゴルフのラウンドをする際にもっとも大切なことは、一緒に回るプレイヤーや後続の組に迷惑をかけないことです。プレイスピードが極端に遅くなってしまえば、後続の組に迷惑がかかってしまい...

マナー・礼儀といった部分は、ゴルフで最も大切なことといっても過言ではありません。基本的なマナーや礼儀を形式的に覚えておくことも大切ですが、まわりの人に対する気配りの気持ちを忘れないことも大切です。特に、トラブル時のマナーは慌ててしまってなかなか気が回らないものです。相手に失礼のないようにするため、常にゴルフをする際には気配りの気持ちを持つという意識でいましょう。トラブル時のマナーといって最も多いと...

福岡県福岡市早良区にあるセブンミリオンゴルフコースは、なだらかな丘陵の地形を生かして作られたゴルフコースです。福岡市内にあるということで、交通の便がよいことも嬉しいポイントですね。福岡市内から車で出かけてもそれほど遠くなく、公共交通にタクシーを使ってアクセスすることも可能になっています。アップダウンに加え、レギュラーティーからでも200ヤードを超える谷越えのパー3となっている17番ホールなど、変化...

クレジットカードには多数の特典が用意されていますね。中でも、いくつかのカード会社からはゴルファーカードとして、ゴルフを楽しまれる方に嬉しい特典をいくつも用意しているカードもありますよ。特に、外資系のカードではゴルファーカードを充実させているところが多いですね。ゴルファーカードを持つメリットの1つに、簡単なゴルファー保険サービスが付帯されている場合が多いことが挙げられます。ゴルフは見ず知らずの方や物...

ゴルフをプレイするのに必要な道具は、ボールとクラブだけではありません。絶対に必要になってくるのがティー・マーカーといった小道具類ですから、必ず用意をしておくようにしましょう。自分用のティー・マーカーを備えておくことは、最低限のマナーにもなりますよ。ティーは、ティーグラウンドからドライバーショットをする際にボールを浮かせるための道具です。木製やプラスティックのものもありますが、近年はナイロン製の商品...

ゴルフはエチケット、マナーといった部分がとても大切なスポーツです。一人でプレーしているのではなく、一緒にコースを回る方や前後を回っているプレイヤーもいるということを忘れないようにしましょう。例えば、気持ちよくプレーをするために「ナイスショット」「ナイスオン」といった声を、拍手とともに笑顔でかけるのも大切なエチケットの1つです。たとえあまり親しくない方、その日初めて会う方と一緒にラウンドをする場合で...

グリーンは、ゴルフコースの中でも最も繊細な集中力が要求される場所です。ドライバーショットやアイアンショットは、強さや方向を決めれば1メートル程度の誤差は気になりません。一方、グリーンでは5センチ10センチのずれがスコアを左右します。全てのゴルファーが慎重に、慎重にパターを動かしますよね。そのため、グリーンではゴルフコースの中でも極めて紳士的なマナーが求められる場所でもあります。他のプレイヤーのパッ...

ゴルフのルールでは、服装に関する規定はありません。ですから、ルール上はゴルフをどんな格好でやってもペナルティはありません。しかし、ゴルフは紳士淑女のスポーツです。あまりにカジュアルな服装・華美な服装はマナー違反となってしまいます。実際、ゴルフ場によってさまざまな服装に関するマナーが制定されています。必要であれば、各ゴルフ場のサイトなどで規定を確認するようにしましょう。例えば、サンダルがマナー違反と...

ゴルフのスコアアップには、日常のエクササイズによる体力・筋力の向上も有効です。ランニングなどの有酸素運動はもちろん、筋力トレーニングやストレッチも効果的です。特にエクササイズ前後のストレッチは、ケガの防止といった意味合いでも是非やっておきたいですね。ゴルフのスキルアップにも有効なストレッチが、肩の柔軟性を増すストレッチです。肩の柔軟さを増すことで、クラブをより大きな回転でスイングすることができるよ...

ゴルフのコースは、世界どこにいってもOUT9ホール、INも9ホールで合計18ホールですね。この18ホールというルールは、どうして決定されたのでしょう。正直、4×4の16ホールだとか、いっそのこと20ホールのほうがキリがいい気がしますよね。この18ホールというホール数、イギリスはスコットランド地方で決まったようです。スコットランドといえば、イギリスの中でも結構寒い地域。当時、コースを回っていたイギリ...

ゴルフコースは、ショートコースでない限り18ホールと決まっています。この18ホール、ゴルフ発祥の地、スコットランドの名門コースが18ホールとしたことで世界に広まっていったそうです。この決まり方も少し変わっています。非常に寒いスコットランド地方ですから、スコッチを飲みながらプレイしていた英国紳士たち。彼らのスコッチ瓶がちょうど空になるのが18ホールだったため、20ホール以上あったのを縮めたと言われて...

突き詰めて表現してしまえば、ゴルフというスポーツはクラブでボールをカップに沈めるという一点だけを目的としたスポーツです。しかし、ゴルフには細かいルールやマナーが多数存在します。ルールやマナーを守ることも、初心者ゴルファーから脱するためには欠かせないことです。ラウンドする際にはクラブやボールと一緒に、必ずルールやマナーも携帯するようにしたいですね。特に、マナーについては細心の注意を払うようにしたいも...

ゴルフは紳士淑女のスポーツという一面ももっています。多くのゴルフコースでは、襟付きの服装でなければプレイできません。Tシャツ、ジーンズ、スニーカーなどはゴルフの服装としてふさわしくありません。また、シャツの裾を外に出すのもあまりふさわしくないとされています。そのため、多くのゴルフウェアは短めのデザインになっているんですね。実際、ラフ過ぎない服装という観点で選べば必要以上に神経質になる必要はありませ...

ゴルフコースで実際にラウンドをする際には、非常に多くのマナーが存在します。どんなスポーツにおいても言えることかもしれませんが、マナーを守ることができないゴルファーは、コースに出る資格はありませんね。まず、一緒にラウンドするプレイヤーたちへの配慮が大切です。自分以外のプレイヤーがショットをする時でも、その方の集中力を乱すことのないよう、物音を立てず、静かに見守る必要があります。また、ただ静かにしてい...

ゴルフコースは、どんなクラブでも全部で18ホールあります。そのうち前半9ホールをアウトコース、後半9ホールをインコースと呼びますね。この呼び名は、どういう理由でつけられているかご存知でしたか。このアウトコース、インコースという名前の由来はゴルフ発祥の地、スコットランドの名門コース、セントアンドリュースゴルフ場から来ています。このゴルフ場、クラブハウスを出ると最初の9コースはクラブハウスからどんどん...

ゴルフダイジェスト・オンラインが運営する世界最大級のオンラインゴルフショップが、GDOです。街のゴルフショップ以上の品ぞろえを誇っており、多くのゴルファーたちが訪れるサイトとなっています。ニュースやゴルフ場予約機能、クラブなどについての口コミなどもいっぱいありますから、特に買い物をしようと考えている方でなくても楽しめるサイトですよ。世界最大級というだけあって、ゴルフ用品は細心のギアから中古クラブま...

ゴルフは、どうしてもある程度のスペースがないと練習しにくいスポーツです。そのため、全国各地にゴルフ練習場がありますね。最近はいろんなライフスタイルに合わせて、さまざまな特徴をもったゴルフ練習場が出てきています。例えば、24時間いつでも練習できる練習場。昼から夜遅くまでが勤務時間である方や、残業で遅くなってしまった休前日に練習したい人には最適ですね。ゴルフの練習は意外と汗をかくものなので、シャワー施...

全国各地の練習場では、いろいろな特徴をもったゴルフスクールを展開しています。ゴルフをはじめたばかりのビギナーの方は、是非こういったゴルフスクールは有効活用したいところです。よほど優れたセンスを持っている人でない限り、自分1人でゴルフが上手くなることはありませんからね。多くの練習場では、レベル別に分けられたレッスンを実施しています。ビギナーの方の場合、上級者と混ざって練習するのは気が引けるでしょうし...

ゴルフでは、多くのゴルファーがスキルアップするために数々の練習器具が考えられてきました。ここまでアマチュア向けに多くの練習器具が用意されているスポーツは、ゴルフ以外にはあまりないかもしれません。初心者ゴルファーの方がゴルフを自宅でも練習していこうと思う場合、是非揃えたい練習器具はパッティング関連の器具です。パッティングは打ちっぱなしで練習することができない代わりに、練習器具さえあれば自宅で簡単に練...