ゴルフ初心者の上達法

ゴルフの基本中の基本、グリップ。スコアが伸び、上手になってきた実感を得ていくうち、多くの方がだんだん気にしなくなってくるところなのですが、実はこのグリップ、プロの方も常に意識しているほど大切な要素なんです。ゴルフ雑誌などで時々特集される、プロゴルファーのグリップ写真などを参考にするのもいいですね。自分のグリップを写真に撮り、参考にしたいプロの写真と見比べてみるといいでしょう。また、フックやスライス...

ゴルフのシャフトには様々な太さのものがありますが、グリップの巻き方や種類によっても、クラブ全体の太さを左右することができます。ゴルフクラブ自体には満足しているのだけれど、どうも握った感じがしっくりこないという方は、グリップの太さを変えるのはいかがでしょうか。グリップの太さは、M58・M60・M62といった数字で表すことができます。この数字が大きければ大きいほどグリップの肉が薄く、細いグリップになり...

多くのゴルファーの方が悩んでいることの1つが、グリップを握る強さについてです。むろん、インパクトでしっかりボールとの衝撃に耐えられる程度の強さで握らなければいけませんが、あまり強く握りすぎるのも考えもの。というのは、グリップを強く握れば握るほど、筋肉が硬直してしまい、腕や肩の筋肉にもその硬直は影響を及ぼします。テークバックで腕がしっかり上がらなくなり、肩もしっかり回すことができなくなります。結果、...

ゴルフの最も大切な部分、グリップ。初心者からプロゴルファーまで、全てのプレイヤーが気を遣うべきところです。グリップの安定なしには、スイングも安定せず、球筋もしっかり真っ直ぐにならないからです。グリップは握り方の形自体も大切ですが、力を入れすぎないことも大切です。力を入れすぎると、どうしても筋肉が硬直します。手のひらや指の筋肉の硬直は、そのまま手首、腕、肩に連動します。その結果、スイングが不自然なも...

ゴルフのグリップには、いくつかの種類があります。そのうち最も基本的なグリップが、スクエアグリップ。まずはこの握り方で練習し、基本的なアドレスとスイングを身につけるようにしたいところですね。しかし、だんだんゴルフが上達してくるに従って、悩みが増えてくるのもゴルフという競技。人によってさまざまな種類の悩みを抱えているものですが、多くのアマチュアゴルファーが悩まされるのは「ボールがまっすぐ飛ばない」とい...

ゴルフをプレイしていて、どうもショットの方向性が安定しないという方は、一度グリップを確認してみてはいかがでしょう。ゴルフは基本のアドレスで差がつきます。特に右に左にボールが飛んでいくことでお悩みの方は、グリップに問題がある場合が多いようです。グリップで確認すべきこととして、右手の角度があります。ゴルフクラブを握った時の右手の角度が、普通に物を握ったのと同じ自然な角度で握られているかどうか確認しまし...

ゴルフの正しいスイングは、正しいグリップから作られます。多くのトッププロゴルファーたちも、グリップの重要性についてたびたび触れているほどです。自分のグリップが正しいものかどうか、常に確認するようにしましょう。しかし、自分のグリップが正しいかどうか、1人ではなかなか判別しにくいもの。多くのゴルフ教本などで紹介されている「正しいグリップ」の画像は正面から撮影されたものですが、自分で構えた時は真上から見...

クラブの長さ・シャフトの硬さなど、ゴルフクラブには、さまざまな要素があります。自分に合ったゴルフクラブは、もしかしたら世界に一本だけなのかもしれませんね。ゴルフクラブのグリップ口径についても考えてみましょう。自分に合った太さのグリップは、よい球筋を生み出すのに欠かせない要素ですよ。グリップの口径は、M58・M60・M62といったような数字で表記されます。勘違いしがちですが、数字が大きければ大きいほ...

ゴルフは何かとお金のかかるスポーツです。クラブやバッグ、ボールやティーなどの道具を揃えるだけでもある程度のお金がかかってしまいますし、練習やラウンドにもそれなりのお金がかかります。この不景気の中、なかなかゴルフグッズを買うのが難しいという方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、しっかりしたスイングを形作るのに欠かせないクラブやグリップといった部分は、ある程度自分に合わせたいいものを揃えたいですね...

ゴルフ初心者にとって、ボールの弾道が安定しない時には思わぬ落とし穴があるものです。ヘッドフェースの角度や姿勢などにいくら気を配っていても、一向にゴルフが上達しないという方は、意外にグリップの握り方に過ちが潜んでいるかもしれませんよ。例えば、スライスに悩んでいる方は、右手がボールに対してかぶる形にグリップを握っていませんか。この状態でスイングを行うと、手首を返すのが非常に難しくなります。よって、イン...

ゴルフにおいて、スイングの基本はアドレスからです。アドレスが安定していなければ、スイングも安定させることはできません。右足の甲の真上に右肩が来るようにし、軽く膝を曲げます。体重は、ややつま先側にかけるようにします。この時、腰と肩のラインを地面と平行に、しっかりボールを飛ばしたい方向に真っ直ぐ向けるようにしましょう。スイングの基本で次に必要となってくるのが、正しいグリップです。まず、両腕の力みは抜き...

ゴルフで安定したショットを生み出す秘訣となるのは、正しいアドレスとグリップの握り方です。グリップの握り方一つで、スライスやフックといった症状の原因にもなってしまいますので、決して侮れませんよ。もちろん、スイングの軌道にも影響を与えますから疲れやすさなどにも影響してきます。初心者の方が多く悩まれるスライスについて考えてみましょう。グリップの握り方が悪いためにスライスが出ている人も結構いるものです。構...

ゴルフにおいて、グリップは非常に大切な要素を占めています。ゴルフクラブのしなりを感じるのがグリップの部分ですし、ボールに全てのパワーを伝えるためにも、無理な力をかけずにしっかり握ることのできるグリップを選ぶことはとても大切ですよ。グリップの種類によって、握った感じが全く異なりますし、ショットが安定したりしなかったりすることまであるのです。ゴルフクラブのグリップの種類は、ラバーグリップとコードグリッ...

ゴルフで非常に大切なことの1つが、グリップ・スタンスといったスイング前のアドレスです。ゴルフで一番最初に重点的に練習することは、おそらく正しいスイングフォームだと思います。確かに、正しいスイングフォームはゴルフの肝心要です。また、簡単には身につかないものですから、反復練習も必要になってくる部分ですよね。一方、グリップやスタンスはそれほど習熟を必要としない部分です。しかし、こういった部分にしっかり気...