ゴルフのグリップの強さについて

ゴルフのグリップの強さについて

多くのゴルファーの方が悩んでいることの1つが、グリップを握る強さについてです。むろん、インパクトでしっかりボールとの衝撃に耐えられる程度の強さで握らなければいけませんが、あまり強く握りすぎるのも考えもの。

 

というのは、グリップを強く握れば握るほど、筋肉が硬直してしまい、腕や肩の筋肉にもその硬直は影響を及ぼします。テークバックで腕がしっかり上がらなくなり、肩もしっかり回すことができなくなります。結果、飛距離を伸ばそうとグリップに力を込めれば込めるほど、ボールに力が伝わらなくなるということも起こってしまいます。初心者の方にありがちな過ちといえます。

 

よって、ゴルフを始めたばかりの初心者の方であれば、グリップの強さは浅めに、軽く握るようにすることがおすすめです。インパクトよりも、いかに正しいグリップ・アドレスを作り、基本的なスイングを安定して繰り返すことができるかに練習の重きをおきましょう。

 

多くのゴルフ教本において、グリップは非常に多くのスペースを割いて取り扱われます。また、レッスンプロのレッスンでも、最初に習うことはグリップです。それほどゴルフに影響を与えるグリップ、是非正しい方法を身につけていただきたいと思います。

 

正しいグリップができているかどうかは、ボールの方向で判別できるでしょう。最初は飛距離をあまり気にせず、スライスやフックをしていないかどうかを気にするようにしてください。飛距離はゴルフを続けていくうちに、徐々に伸びてきますよ。

関連ページ

グリップの写真を見比べて、ゴルフの実力アップ
ゴルフの基本、グリップはとても大切な要素。プロの写真と見比べてみるのも効果的です。フックやスライスの症状も、グリップで改善することが可能になります。
ゴルフにはグリップの太さも大切です
グリップの巻き方や種類を変えることで、ゴルフクラブ全体の太さを変えることができます。ショットをより安定させるためにも、自分に合ったグリップは重要です。
ゴルフのグリップは力みすぎず
ゴルフの最も大切な部分、グリップでは握り方だけでなく力を入れすぎないことも大切です。力むことでかえって筋肉が硬直し、飛距離が落ちることにもなってしまいます。
ゴルフの基本 − グリップの種類について
ゴルフのグリップには、いくつかの種類があります。基本的なスクエアグリップのほか、フックやスライスを修正するために左手を絞ったり開いたりする握り方もあります。
ゴルフの基本 − 右手グリップの確認
ゴルフをしていて、ショットが右に左に安定しない方は、グリップの右手角度を確認することをおすすめします。普通に物を握るのと同様の自然な角度を意識しましょう。
ゴルフの練習法 − グリップを画像で確認する
ゴルフの正しいスイングは、正しいグリップから作られます。一度自分のグリップが正しいかどうか、カメラで撮影して見本の画像と見比べてみてはどうでしょう。
ゴルフクラブのグリップ口径を変える
ゴルフクラブにはさまざまな要素があります。グリップの口径も大切です。太くなればなるほど、フックしにくくなるなど弾道にも影響を与えます。
激安のゴルフクラブやグリップを使うべきか
ゴルフクラブは通販で激安で売られているものもありますが、できるだけ実際に手にとって選びましょう。中古クラブを上手に利用することも選択肢の1つです。
ゴルフ初心者が陥りやすいグリップの落とし穴
ゴルフ初心者にとって、グリップは意外な落とし穴になりがちです。握り方を見直したり、グリップそのものを握りやすいものにチェンジすることを考えてみませんか。
スイングの基本はアドレスとグリップから
スイングの基本は、アドレスとグリップからです。正しいスイングを身につけていれば、ドライバーからショートアプローチまで、あらゆる場面に応用が効きますよ。
正しいグリップの握り方について
ゴルフで安定したショットを生み出すためには正しいアドレスが欠かせません。右手の甲がかぶったり、左手の親指が真正面に来ているような握りはスライスを生みやすいグリップです。余計な力みも禁物です。
グリップの種類もゴルフクラブ選びには大切です
グリップの種類・太さを選ぶことも、ゴルフクラブ選びには重要なことです。グリップの種類では、糸を練り込んだコードグリップと、練り込んでいないラバーグリップがあります。
ゴルフで重要なグリップやスタンス
ゴルフで一番肝心なのはスイングですが、スイングに入る前のグリップやスタンスも大切です。グリップでは右手のかぶせ具合に気を配り、スタンスはターゲットと平行なスクエア・スタンスを心がけましょう。