ゴルフ初心者の上達法

多くの人がクリアしようとしては跳ね返される、スコア90切りの壁。90を切るゴルフを展開するための上達法で一番大切なことは、練習場よりもコースに行く回数を多くすることです。実際のラウンドでは、練習場と違ってあらゆる状況からショットをしなければなりません。そういった経験は打ちっぱなしでは絶対に得られないもの。グリーンの感覚も実際のコースで培われるもの。スコアに直結するパッティングの上達法は、コースでの...

アマチュアゴルファーの壁、1つめは100。すなわち3ケタの壁が立ちはだかります。そこをクリアしたゴルファーに立ちはだかるのが次の壁、90ですね。90を切るゴルフをするにはどうしたらいいでしょう。スコア90を切るゴルファーの方々は、大きなミスを犯しません。考えてみると、PAR72の標準的なコースで、全ホールボギーであってもスコアは90なんですね。17ホールをボギーで、1ホールだけでもパーを取ればその...

残念ながら、ゴルフはいつでも打ちやすい場所からボールを打てるスポーツではありません。時にはラフやバンカーといった場所で打つ必要がありますし、木などのそばにボールが落ち、十分なスイングができない場合もあります。悪条件の中で、最も多く打つ機会が多いのはやはりラフでしょう。ただし、ラフにもいろいろなシチュエーションがあります。浅いラフであれば、フェアウェイと同じような打ち方で構わない場合がほとんどです。...

多くのゴルフレッスン教材が出回っている昨今ですが、その中でも多くの喜びの声が寄せられているのが「ゴルフスイング上達法革命」という教材です。多くのゴルファーにとっては、日本で伝統的に長い間教えられてきたゴルフスイングと真っ向から対立するその理論に、思わず目からウロコが落ちるかもしれません。何せ、「上達法革命」というタイトルがついているほどですからね。このゴルフスイング上達法革命は、柳原博志さんという...

ゴルフは体だけで行うスポーツではありません。頭脳もフルに駆使して18ホールを回るスポーツです。特にカップに近づけば近づくほど、身体能力よりも経験や頭脳プレイといった要素が重要になってきます。たとえば、グリーン周りのアプローチについて考えてみましょう。短い距離のアプローチですから、もはやパワーは関係ありません。狙った距離にボールを落とすコントロールと、アプローチの落としどころを正しく予想することが大...

ゴルフは、全てフルショットでクラブをスイングすればいいという競技ではありません。短い距離のアプローチでは、どうしても普段のショットとは違う要素が入ってくるため、コントロールが難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。アプローチで狙ったところが合わないという方は、ラウンドするたびに実戦経験からアプローチの距離感はだんだんと合ってくることでしょう。しかし忙しいためにゴルフは練習場中心であり、なかなかラウ...

ゴルフ初心者が最初にラウンドをする時、基準になりそうなスコアは120前後になるでしょう。平均すると、全ホールダブルボギーとトリプルボギーを繰り返して回るような感じのスコアですね。初心者といっても、OBを連発してしまうようなレベルの方、飛距離もあまり伸びない女性の方はなかなか厳しいスコアになりますよ。OBを1ホールに2回程度といったレベルに落ち着かせることができれば、スコア120を実現することも決し...

他のどんなスポーツでも当たり前のことですが、ゴルフも練習をしなければ上達はありえません。しかし、プロゴルファーと違って一般ゴルファーは毎日練習することは難しいですから、少しでも練習の質は高めなければなりません。そのため、初心者の方はレッスンを受けようと考えている方も多いことでしょう。しかし、レッスンを毎日受けることは難しいためアドバイスを常に意識することはたいへんです。また、レッスンプロでもアドバ...

ゴルフにおいて、アイアンのスイングはドライバーなどウッドのスイングと違う部分が出てきます。そのため、ゴルフ初心者の方にとっては戸惑いを感じる場合もあるようですね。まずはスタンスについてです。肩幅程度にスタンスを広げる点はドライバーショットと変わりありませんが、ボールと身体の位置関係は多少変えなければなりません。ドライバーショットの場合、左足かかとの先くらいの位置にボールをティーアップするのが標準的...

ゴルフのテレビ中継などを見ていると、男性のトッププロゴルファーはドライバーで軒並み300ヤードを飛ばすような選手が続々と登場してきますよね。女性のプロゴルファーでも250ヤードといった飛距離を出しています。一方、若い男性の方で、ゴルフをはじめたばかりの方が練習場でボールを打ってみた場合、250ヤードを飛ばすことはまず不可能です。力では女性のプロゴルファーより勝っているはずなのに、なぜ初心者ゴルファ...

ゴルフ初心者の方で、まだ本格的に18ホールをラウンドするのは自信がないという方は、ショートコースからラウンドすることをおすすめします。ショートコースは、大体9ホールから構成される短いコースです。200ヤードを超えるパー4のホールを備えているコースもありますが、基本的にはパー3が中心になっているところが多いですね。初心者の方はここでゴルフ場の雰囲気に慣れるとともに、ゴルフ場ならではのマナーなどもしっ...

バンカーショットは、初心者が苦手とするショットの1つです。というのは、バンカーショットの考え方は普通のショットと異なる部分が多いためです。普通のショットのようにボールを打っては、なかなか深いバンカーから脱出することはできませんよ。まず、基本的なバンカーショットの考え方として、バンカーショットはクラブではなく砂の飛び散りでボールを飛ばすものだという感覚を身につけましょう。砂を飛ばす量が少なければ、ボ...

数多く発売されているゴルフの教材ですが、中でも人気のものが「驚異のゴルフ上達法」です。インターネットの教材販売サイトで年間総合1位を獲得したこともある人気で、その支持が高いこともお分かりいただけるのではないかと思います。「驚異のゴルフ上達法」の著者は倉木真二氏。ゴルフ研修生の経験を持ち、ゴルフ工房のクラフトマンとして長年ゴルフに携わってきた方です。その経験をもとに得られたスイング理論を理解しやすく...

ゴルフを難しくする要素の1つが、グリーン手前に複数配置されることが多いバンカーです。プロでもなかなかピンそばに寄せることが難しいのですから、初心者やアマチュアにはさらに難しい障害ということがいえますね。バンカーショットの打ち方で一番基本となるのは、フェースを開いて打つことです。深いバンカーから脱出する際には、体を開くことで高い弾道を実現できます。通常時のショットで、低い弾道で強い打球を実現するため...

女性の場合、体力や筋力が男性に比べてどうしても劣っています。残念なことではありますが、あらゆるスポーツで、男性と同じ土俵で戦うことはできません。ゴルフにおいてもバックティ、レディースティというものが用意されていますよね。それでも、アマチュアの方にとってゴルフの上達は男性よりも女性のほうが難しいですね。ドライバーの飛距離以外にも、深いラフからのアプローチやバンカーショットなどにはパワーが関係してきま...

ゴルフを始めた方にとって、当面の目標はとりあえず、スコアを2ケタにすることなのではないでしょうか。100を切るゴルフをするには、ショット・パット両面でどのようなレベルが求められるでしょうか。まず、100というスコアについて冷静に考えてみましょう。18ホールでパー72のコースを全部パーで回れば72、全部ボギーで回れば90です。100というスコアは、ボギー8ホール、ダブルボギー10ホールで達成できるん...

初心者ゴルファー脱出の目安として、多くの方にとってはまずはスコア100を切ることを目指すことが第一目標になりますね。100を切るゴルフ上達法の1つに、アプローチやパットといったグリーン周りを徹底的に磨くというものがあります。本来、ある程度安定したショットを打つことができれば、100というスコアは切ることができます。OBの回数が1ラウンドで3回以上出てしまうというような場合、100を切るゴルフ上達法...

毎回ドライバーショットでフェアウェイをとらえたいと思うのは、全ゴルファーの願いでしょう。しかし、なかなかそううまくはいかないものです。ラフからのセカンド・ショットもある程度打てるようにならなければ、ゴルフのスコアアップは望めませんよ。ラフからのセカンド・ショットとなった場合、まずは戦略を立てなければなりません。浅いラフで、ゴルフボールが100パーセント芝の上で見えているような状態であれば、フェアウ...

ドライバーショットで、スライスやフックはそれほど多くない。スイングは正しくできていると感じている。しかし、どうも弾道の高さが安定しないという人はいらっしゃいますか。テンプラ、ダフりといったゴルフでありがちな症状にお悩みの方の原因の1つが、実は普段何気なく行っているティーアップだということもありますよ。ショット以外の部分でゴルフのスコアを落としてしまわないよう、ティーアップも正しい方法で行うようにし...

ゴルフ上達の1つの目安が、スコア100切るかどうかといえますね。初心者ゴルファーの方は、まずこの100というスコアを目指すのではないでしょうか。しかし、このスコアは1つの壁ともなっています。100切るために身につけなければならないことは結構多いもので、ゴルフという競技の難しさを実感させられますね。120というスコアであれば、ドライバーをボールに確実にヒットさせることができるようになれば(方向が多少...

ゴルフのスコアアップに欠かせない練習の1つが、パッティング練習です。パッティングはゴルフの1ラウンド18ホールの中で、使わないということはまずありません。1ホール2パットずつと計算しても36打。スコア100の人でも、3分の1以上はパターを使うことになるんですね。ですから、パターのレベルアップでかなりのスコアアップを見込めるのです。パターの練習は、ゴルフの練習では珍しく家でも簡単にできるというところ...

ゴルフには、いろんな上達グッズが販売されています。初心者の方は、DVD教材などと組み合わせることで練習の質を大きく向上させることができますよ。定番となっており、多くの方が効果を実感している上達グッズが、スイング矯正用のグッズです。手首に装着するタイプの上達グッズが多いですね。また、グリップ固定のために手、指に装着するものも販売されています。これらの上達グッズがなぜ人気があるかというと、ゴルフでは正...

ゴルフでは、グリーン周りに必ずといっていいほど「バンカー」が設けられていますね。ここにボールを打ち込むことで、直接のペナルティはありません。しかしながら、ゴルフにおいてバンカーショットは極めて難しく、ここにボールを打つことでパーセーブが非常に難しくなってしまいますね。バンカーショットが難しい理由は主に2つ。1つは、通常のショットに比べて経験回数が少ないにも関わらず、ショット自体には経験が要求される...

ゴルフは、常に万全のコンディションでショットできるスポーツではありません。コースのいたるところに設けられたハザードが、ゴルフをより面白く、戦略的にしています。一方で、ただでさえ難しいゴルフの難易度はさらに上がることになります。ペナルティこそないものの、バンカーも初心者にとってはやっかいな場所の1つですね。コースの中ではグリーン周りのいやらしい場所に配置されていることも多く、多くのゴルファーを悩ませ...

ゴルフコースの中で、ティー、フェアウェイ、グリーンと並んでショットをする確率が高い場所がラフです。プロであっても、18ホール全てでフェアウェイ(パー3であればグリーン)をキープするということはほぼ不可能に近いことです。しかし、一口にラフといっても、コースのラフの状態によっていろんな状況が存在します。ラフでの打ち方を身につけることも大切ですが、ラフでの「戦略」を定めることも非常に大切なことですよ。芝...

スコアアップのために、自宅でもできるゴルフ練習といえばやっぱりパッティングです。自宅でもできるということで、非常に地味な練習に思われるかもしれませんが、パッティングはゴルフのスコアアップのためにとても大切な要素ですよ。自宅の平坦なパターマットで上手にパッティングできなければ、とても実際のゴルフコースのグリーンを攻略することなどできません。というのも、パターはゴルフで最も使用頻度が高いクラブだからで...

ゴルフにおいて、絶対に欠かせないクラブの一つがサンドウェッジです。主にバンカー脱出用のクラブとして、ほぼすべての方がラウンドに持っていくクラブでしょう。このサンドウェッジの特徴は、クラブのソールにバウンスがついているところです。このバウンスのおかげで、バンカーの砂を弾き飛ばし、ボールも一緒に高く打ち上げることができるようになっているんですね。「サンド」という名前がつけられている所以が、このあたりに...

自宅でも行えるゴルフの練習といえば、パターの練習です。皆さんもご存知のとおり、パットはゴルフのスコアを大きく左右する大切な部分ですから、自宅で多くの方が練習していることと思います。自宅で実際にパットの練習をする際には、2つの点に気をつけるとよいでしょう。1つめが、肩だけを動かしてパッティングをしているかどうかを確認することです。パターは手首を動かしてしまうと安定感が大きく落ちてしまいます。肩からパ...

ゴルフを自宅でも練習したいという方は、非常に多いと思います。特に、ゴルフをはじめたばかりの方にとっては、少しでも早くスイングの感覚を身につけたいと思っている方も多いでしょう。自宅にスイングが可能なだけの広さの庭をお持ちの方におすすめの練習グッズが、ゴルフネット。他の方の庭先で、このネットを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。多くの方におすすめできるグッズですが、近所迷惑とならないよう、...

パッティングといった一部の練習を除いて、ゴルフの練習は自宅ではできないと考えている方は多いようです。実際、本物のゴルフクラブを自宅で振ることができるのは、ある程度の広い庭と安全ネットを備えている方だけでしょう。しかし、毎日ゴルフ練習場に通うのは多くの方にとって大変な負担になりますね。自宅でもできるスイングの練習は何かないかと思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方におす...