ゴルフにおけるラフからの打ち方

ゴルフにおけるラフからの打ち方

残念ながら、ゴルフはいつでも打ちやすい場所からボールを打てるスポーツではありません。時にはラフやバンカーといった場所で打つ必要がありますし、木などのそばにボールが落ち、十分なスイングができない場合もあります。

 

悪条件の中で、最も多く打つ機会が多いのはやはりラフでしょう。ただし、ラフにもいろいろなシチュエーションがあります。浅いラフであれば、フェアウェイと同じような打ち方で構わない場合がほとんどです。ただし、順目の浅いラフからのショットは転がりやすいので、グリーンオーバーには気をつけなければなりません。ピンがグリーンの手前、バンカーや池に近いような場所に配置されているようであれば、グリーンの逆サイドを狙っていくような打ち方も必要になってきます。

 

一方で、ボールが深く沈んでいる場合には打ち方や作戦を変えていかなければなりません。ボールがラフの3分の1以上沈んでいるような場合は、グリーンを狙って普通に攻めることはできませんね。池越えなどのショットになる場合は、刻んでいくことも考えましょう。

 

完全にボールが深い芝目に沈んでしまっているような場合は、ボールを飛ばすことよりもフェアウェイの安全な場所に脱出することを考えましょう。ボールが沈んでしまっていて、しかも芝が逆目の場合は、まずまともにボールを飛ばすことは不可能です。世界のトッププロゴルファーであっても、難コースでラフから2打目でグリーンを狙えずフェアウェイへとサンドウェッジで脱出することがあるくらいです。ゴルフにおける安全策は決して恥ずかしいことではありません。

関連ページ

90を切るゴルフに必要な上達法
多くの人が跳ね返されているスコア90を切るゴルフに必要な上達法は、練習場よりもコースに行く回数を多くすることと、自分の正しいスイングフォームを固めることです。
90を切るゴルフのため、大きなミスを減らしましょう
90を切るゴルフをするためには、大きなミスをしないことが大切です。ドライバーショットでのOBと、グリーン周りのミスを減らす練習をしましょう。
「ゴルフスイング上達法革命」について
日本で教えられてきたゴルフスイングと真っ向から対立する理論で、多くのゴルファーが飛距離を伸ばすことに成功している教材が、「ゴルフスイング上達法革命」です。
アプローチの落としどころは頭脳と経験で
短い距離のアプローチの落としどころは、グリーンの硬さや傾斜、クラブの番手によって変わります。経験者のアプローチから技と経験を盗みましょう。
アプローチの距離感を合わせる
アプローチの距離感を合わせるために、練習場でも1つのクラブを用いて狙ったところにボールを落とす練習をしましょう。インパクトの瞬間にボールに必要以上の力を伝えず、アプローチの距離を抑えることができるようにしたいですね。
ゴルフ初心者が目指すスコア
ゴルフ初心者が最初に基準とするスコアは120前後、次に目指すスコアは100になるでしょう。100を切るためには、ショット・パット双方練習によるレベルアップが必須です。
ゴルフ初心者におすすめのレッスンDVD
初心者の方は、ゴルフのレッスンDVDを活用して練習することも練習の質を高めることにつながります。通販などでも、多くの人気あるDVDが発売されていますよ。
ゴルフ初心者に難しいアイアンショット
アイアンはウッドと違って、ボールの位置をやや後ろ寄りにし、スイングでは振りぬきすぎないことが大切です。実際のラウンドでは無理にグリーンを狙わない安定的な戦略も大切です。
ゴルフ初心者の方は、上達にしたがって飛距離も伸びます
初心者の方は、スイングに欠点があるためにボールにうまくスイングの力が伝わらず飛距離が出にくいことも多いです。まずは真っ直ぐ飛ばすことを心がけていれば、上達に従って飛距離も伸びてきますよ。
ショートコースのすすめ
初心者の方には、実際のラウンド前にパー3の短いホール9つで構成されるショートコースでゴルフ場の雰囲気、マナーに慣れながら練習をするのがおすすめですよ。
バンカーショットの考え方について
バンカーショットの考え方は、通常のショットと大きく異なります。アイアンのフェースは開き、砂を飛ばしてボールを浮かせる感じでショットしましょう。
人気の教材、「驚異のゴルフ上達法」
倉木真二氏の教材、「驚異のゴルフ上達法」は教材販売サイトでも1位を獲得したことがある人気の教材です。スライスなどだけでなく、飛距離向上でも高い評価を得ています。
基本的なバンカーショットの打ち方
バンカーショットの打ち方は、フェースを開いて、ボールの5センチほど手前にクラブを差し込んでインパクトすることが基本となります。
女性でもゴルフの上達は可能です
女性の場合、男性と体力や筋力に差がありますがゴルフの上達をすることは十分可能です。女性用にまとめられたレッスンを参考に、基本的なフォームを意識して練習しましょう。
100を切るゴルフを展開するには
100を切るゴルフを展開するためには、OBのペナルティを避けることを優先的に考えるショットを心がけましょう。また、3パットを極力避けるためショートパットの確率を上げる必要があります。
100を切るゴルフ上達法
本来、ある程度安定したショットを打つことができれば100というスコアは切ることができます。それでも100が切れない場合は、パットやアプローチなどの小技を徹底的に練習する必要が出てきます。
ゴルフではラフからのセカンド・ショットも重要です
ラフからのセカンド・ショットは、脱出を最優先に考えることも時には大切です。ラフからショットできると判断した場合も、十分注意を払って打たなければなりません。
ゴルフでティーの高さを毎回安定させるには
ゴルフのテンプラ、ダフりといった症状の原因がティーアップの高さにある場合もあります。手の形を決め、親指が地面につくまでティーを刺すように決めてしまえば、毎回同じ高さのティーアップを行うことができます。
ゴルフで100切るためには、練習の質にこだわって上達を
スコア100を切るゴルフを展開するためには、練習の質にこだわることが大切です。ゴルフレッスンやDVD教材の活用をおすすめします。
ゴルフのスコアアップはパッティング練習で
ゴルフのスコアアップに欠かせない練習の1つが、パッティング練習です。実際の練習では、パターをまっすぐ引き、打ちだすことができるか、一定の速度でパターを動かせているかを確認します。
ゴルフの練習に活用したい上達グッズ
ゴルフには、いろんな上達グッズが販売されています。多くの方が効果を実感しているのが、スイング矯正用の手首などに装着するタイプのグッズです。
ゴルフの通常スイングと異なるバンカーショット
ゴルフにおいて、バンカーショットは経験回数が少なくなりがちであること、通常とは全く違った方法でスイングをしなければならないことが理由で非常に難しいショットです。
ゴルフコースの難所、バンカーについて
ゴルフで非常にやっかいな存在、バンカー。ショットの打ち方を根本的に変える必要がある難しいショットですから、ラウンド中にバンカーにはまってしまった場合は1打ごとに何らかの収穫を得るようにしたいところです。
ゴルフコース攻略において、戦略が重要なラフ
ゴルフコースの中で、フェアウェイなどと並んでショットする場面の多いラフ。ラフでは狙っていくか、まずはフェアウェイに出すかという判断が非常に大切になります。
スコアアップのために自宅でもできるゴルフの練習はパッティング
スコアアップのため、自宅でできるゴルフ練習といえばパッティング。パッティングの練習中は手首を使わないよう、両肘の間隔が変わっていないかどうかをチェックしてください。
バンカーで活躍、ゴルフに欠かせないサンドウェッジ
ゴルフにおいて、バンカーショットなどで絶対に欠かせないクラブがサンドウェッジ。特徴となっているバウンスでしっかり砂を弾き飛ばすことがポイントです。
自宅でもできるゴルフの練習がパットです
自宅でも行えるゴルフの練習といえば、パターの練習です。肩だけを動かしてパッティングができているか、まっすぐパターを動かせているかどうか確認することが大切です。
自宅でもゴルフの練習ができる練習グッズ
ゴルフを自宅でも練習したいという方に、数々の練習グッズが販売されています。庭をお持ちの方にはゴルフネット、室内練習しかない方には室内用練習クラブをおすすめします。
自宅で可能なゴルフの練習、タオル素振り
自宅でもゴルフのスイング練習を行うことは可能です。スポーツタオルに結びを作り、それをスイングするタオル素振りで、スイングフォームの確認ができますよ。