パークゴルフのルールとマナー

パークゴルフのルールとマナー

近年注目を集めているスポーツの1つが、パークゴルフです。ゴルフよりも手軽にできて、子どもから高齢者まで、家族全員でも楽しめるといった特徴があります。料金もゴルフの古ラウンドより安いですし、時間も普通のゴルフより短時間で回ることができます。

 

また、パークゴルフは高齢者の方などの健康維持のための生涯スポーツとしても注目されています。ゴルフほどパワーを使うことはありませんし、歩く距離も短くて済みますからね。ゴルフの経験のない高齢者からでも始められるスポーツとなっています。

 

もう1つ、ゴルフ場よりも必要な土地が少ないため、ゴルフ場よりも立地条件がよく、比較的プレイしやすい場所にあるのも魅力です。今や、全国各地にパークゴルフ場はありますよ。

 

このように、ゴルフに負けないくらい多くの魅力を持っているパークゴルフ。ただし、パークゴルフはゴルフと同様、ルールとマナーを守って楽しむことが大切ですよ。

 

ティーショット以降の順番はカップから遠い人が打つといった基本ルールや、OBやアンプレアブルなどのルールが制定されていることもゴルフと同様です。

 

もちろん、ゴルフ同様のマナーもプレイヤーには求められます。まずゴルフと同様、自然を生かしたスポーツであるために芝や樹木を大切にプレーしましょう。また、ゴルフ同様周りのプレイヤーに迷惑をかけないようにすることも大切です。後続の組もいるわけですから、ゴルフ同様スロープレイは禁物です。ボールを打ったら、速やかに次の地点へ移動しましょう。

関連ページ

パークゴルフに必要なものは
パークゴルフに必要なものは、1本のクラブとボール、ティーとマーカー。そして、運動に適した靴や帽子などの服装と、最低限のエチケットです。
パークゴルフ上達法について
パークゴルフ上達法は、ゴルフ同様アドレス・グリップ・スイングを正しく身につけることです。また、パークゴルフは距離が短いためにパターの重要性も高いですよ。