ゴルフ初心者の上達法

ゴルフにおいて、パッティングは非常に重要な要素です。パターは十数本持ち歩くゴルフクラブ中、たった1本です。しかし、ゴルフにおいて全ショットの3分の1以上がパターであることを考えれば、その重要性はお分かりいただけることと思います。また、ショートパットを外すことはメンタル面にも悪影響を与えます。調子よくラウンドしてきたプロゴルファーであっても、1メートルくらいのショートパットを外した後、突如調子を狂わ...

ゴルフにおいて重要なファクターであるパター上達法は、家でも十分実践できるものであることが望ましいですね。ゴルフショップなどで、専用のパターマットなどを購入して練習している方も多いのではないでしょうか。しかし、ただ闇雲に目標に向かって転がし続けるだけでは練習になりませんね。パター上達法の第一歩は、正しいアドレスを身につけるところから始まります。多くの方が、ボールに対して水平に構えているつもりでも、実...

ゴルフにおいて、グリーン上でパットに自信をつけることができるかどうかは非常に大きいですね。パットの打ち方次第で5から10はスコアを縮めることも不可能ではありません。そのパットの打ち方は、距離感の強弱をインパクトの強弱で合わせ、狙った方向に向けてヘッドのフェースをまっすぐに当てる、これだけであるはず。それでも、多くの方がパットの打ち方について悩んでいます。それだけ、パッティングはゴルフにおいて難所で...

ゴルフで一番使用頻度の高いクラブはなんでしょう。言うまでもなく、パターですよね。グリーン上では全てパターを使うわけですから、最低でも20回以上は毎ラウンドパターを使うことになります。初心者の方の場合、さらにその使用回数は増加することになります。逆に言うと、初心者の方でもパッティングを磨くことで大きくゴルフのスコアを改善することができるんですね。人によっては、パッティングの上達だけで10〜20と変わ...

ネットなどを設置できるような広い庭がない限り、ご自宅でできるゴルフの練習はパッティングだけですよね。特に、ラウンド前日に自宅でパター練習を行うと次の日に効果てきめんです。パターに必要な距離感などは、やはり経験や感覚ですからね。どうせ自宅でパター練習を行うなら、その効果は最大限になるようにしたいですよね。自宅でパター練習をするのに、多くの方が利用しているのがパターマットだと思います。横幅30〜50セ...

ゴルフといえば、多くの人が想像する場面は豪快なドライバーショットではないかと思います。実際、ドライバーショットはゴルフの基本であり、ボールをできるだけ遠くに、正確な方向へ飛ばすことがパー4、パー5の第一歩となりますね。しかし、アプローチやパッティングといったグリーン周りのテクニックもゴルフのスコアを大きく左右します。初心者のうちは、ドライバーやアイアンでボールをまっすぐに飛ばすだけで精一杯かもしれ...

ゴルフのスキルアップを心がけている方は、正しい練習方法を心がけることが非常に大切です。特に短期間でスキルアップを目指している方にとっては、練習方法次第でその効果が大きく左右されますよ。ゴルフのスキルアップに最も大切な部分が、グリップとスイングフォームを固めることです。この2つの基礎さえしっかりと固めることができれば、ドライバー・アイアン・ウェッジどのクラブにも応用させることができますよ。グリップで...

ゴルフ人口がなかなか増えてこない理由の1つが、日本の住宅は庭が狭かったり、そもそも庭がなかったりするためではないかと思います。ゴルフは練習にある程度のスペースを必要とします。公園や河川敷なども狭く、子どもに危険なためスイング自体禁止されていることも多いですね。パッティングは自宅でも練習することができます。実際、多くの方が自宅にパターマットを購入し、空いた時間にパターの練習をしていることと思います。...