ゴルフ初心者のスコアも左右するパター

ゴルフ初心者のスコアも左右するパター

ゴルフで一番使用頻度の高いクラブはなんでしょう。言うまでもなく、パターですよね。グリーン上では全てパターを使うわけですから、最低でも20回以上は毎ラウンドパターを使うことになります。

 

初心者の方の場合、さらにその使用回数は増加することになります。逆に言うと、初心者の方でもパッティングを磨くことで大きくゴルフのスコアを改善することができるんですね。人によっては、パッティングの上達だけで10〜20と変わってくる場合もありますよ。

 

パワーがあろうとなかろうと、パターには関係ありません。力に自信がない高齢の方、女性の方などでもパッティングにはハンデがないのです。練習もご家庭でできるわけですから、是非普段から練習を欠かさないようにしたいですね。

 

一番大切なことは、テークバック・フォローともにまっすぐな軌道でクラブを運ぶことです。そうすることで、インパクトをしっかり芯でとらえることができるようになりますよ。

 

最もスコアを左右するのが、2メートルや3メートルといったショートパットであるという方もいらっしゃいます。テレビのゴルフ中継などを見ても、プロがほぼ確実に沈められそうな距離のショートパットに非常に神経を使っていたり、思わぬショートパットを外してしまう瞬間を目撃してその怖さを感じたこともあるのではないでしょうか。

 

ショートパットは、パターをまっすぐ引き、まっすぐ押し出すことができるか否かに全てがかかっていると言っても過言ではありません。是非成功率を高めて、実際のラウンドに備えておきましょう。

関連ページ

ゴルフにおいて大切なパターの打ち方を練習しましょう
ゴルフにおいて、パッティングは非常に重要です。全ショットの3分の1以上をパターが占め、メンタル面にも影響を与えるためです。正しいパターの打ち方を練習しておきましょう。
ゴルフに大切なパター上達法
パター上達法の第一歩は、正しいアドレスを身につけるところから始まります。床やじゅうたんに印をつけ、まっすぐに構えられているかどうかを確認してみましょう。
ゴルフの難所、パットの打ち方
ゴルフにおいて、パットの打ち方は距離感と方向性を合わせるのみですが、非常に難所でもあります。方向性についてはフェースをまっすぐ引き、打ちだす練習を継続することで、まっすぐに転がせるよう練習しましょう。
自宅でパター練習を行うのは効果的です
自宅でパター練習を行うことは非常に大切です。カップに入った、入らなかったよりも毎回同じフィーリングでパッティングできているか、パターをまっすぐ動かせているかを確認しましょう。
ゴルフのアプローチ・パッティングは自宅でも練習可能です
パッティングやアプローチも、自宅で練習することは可能です。集合住宅の方や、赤ちゃんや小さなお子様がいる方は練習の際十分な注意を払いましょう。
ゴルフのスキルアップに有効な練習方法
ゴルフのスキルアップには、正しい練習方法を心がけることが大切です。グリップ・スイングフォームの基礎を固めることで、ドライバーからウェッジまで応用がききます。
自宅でアプローチ練習ができるゴルフ用具
タバタから販売されている、「パッとアプローチ」は、折り畳み傘のような収納スペースでありながら、ヒモを引っ張ることで簡単な練習ネットになり、自宅でアプローチが練習できるグッズです。