自宅でパター練習を行うのは効果的です

自宅でパター練習を行うのは効果的です

ネットなどを設置できるような広い庭がない限り、ご自宅でできるゴルフの練習はパッティングだけですよね。特に、ラウンド前日に自宅でパター練習を行うと次の日に効果てきめんです。パターに必要な距離感などは、やはり経験や感覚ですからね。

 

どうせ自宅でパター練習を行うなら、その効果は最大限になるようにしたいですよね。自宅でパター練習をするのに、多くの方が利用しているのがパターマットだと思います。横幅30〜50センチ、縦も2〜3メートル程度のもので、小さなスペースでも十分練習可能ですよ。パッティング練習には欠かせない基本アイテムです。

 

初心者の方は、パターマットで練習するときは「入った、入らなかった」というよりも、毎回同じスイング、同じ強さでボールをインパクトできるかどうかに意識を向けておくことが大切です。毎回インパクトの音が全く異なるような場合、毎回同じフィーリングで打てていないことになりますよ。

 

もう1つ、パターをまっすぐ引き、まっすぐ押し出すという基本がきちんとできているかどうかも自宅で確認したいポイントです。パターマットにまっすぐな線を糸で引いたりすることで、自分のテークバックやフォローの軌道を確認しましょう。

 

パッティングの出来不出来を大きく分けるのは、パターマットで練習できるような2〜3メートルのショートパットです。この距離を沈められるかがパーとボギー、ボギーとダブルボギーの境界線。スコア上昇を目指す方は、ショートパットを是非磨いてほしいと思います。

関連ページ

ゴルフにおいて大切なパターの打ち方を練習しましょう
ゴルフにおいて、パッティングは非常に重要です。全ショットの3分の1以上をパターが占め、メンタル面にも影響を与えるためです。正しいパターの打ち方を練習しておきましょう。
ゴルフに大切なパター上達法
パター上達法の第一歩は、正しいアドレスを身につけるところから始まります。床やじゅうたんに印をつけ、まっすぐに構えられているかどうかを確認してみましょう。
ゴルフの難所、パットの打ち方
ゴルフにおいて、パットの打ち方は距離感と方向性を合わせるのみですが、非常に難所でもあります。方向性についてはフェースをまっすぐ引き、打ちだす練習を継続することで、まっすぐに転がせるよう練習しましょう。
ゴルフ初心者のスコアも左右するパター
ゴルフ初心者にとって、パターも非常に大切なクラブです。ショートパットの成功率を高めることで、スコアも大幅に変わってきます。まっすぐ引き、まっすぐ押し出す基本を身につけましょう。
ゴルフのアプローチ・パッティングは自宅でも練習可能です
パッティングやアプローチも、自宅で練習することは可能です。集合住宅の方や、赤ちゃんや小さなお子様がいる方は練習の際十分な注意を払いましょう。
ゴルフのスキルアップに有効な練習方法
ゴルフのスキルアップには、正しい練習方法を心がけることが大切です。グリップ・スイングフォームの基礎を固めることで、ドライバーからウェッジまで応用がききます。
自宅でアプローチ練習ができるゴルフ用具
タバタから販売されている、「パッとアプローチ」は、折り畳み傘のような収納スペースでありながら、ヒモを引っ張ることで簡単な練習ネットになり、自宅でアプローチが練習できるグッズです。