ゴルフのアプローチ・パッティングは自宅でも練習可能です

ゴルフのアプローチ・パッティングは自宅でも練習可能です

ゴルフといえば、多くの人が想像する場面は豪快なドライバーショットではないかと思います。実際、ドライバーショットはゴルフの基本であり、ボールをできるだけ遠くに、正確な方向へ飛ばすことがパー4、パー5の第一歩となりますね。

 

しかし、アプローチやパッティングといったグリーン周りのテクニックもゴルフのスコアを大きく左右します。初心者のうちは、ドライバーやアイアンでボールをまっすぐに飛ばすだけで精一杯かもしれませんが、時間を見つけてアプローチやパッティングも練習するようにしたいですね。

 

パッティング、アプローチともに自宅で練習することが可能です。パッティングの練習は、実際に多くの方がやられていることと思います。パターマットさえ購入すれば、わずか3メートルくらいのスペースで行うことができますね。

 

アプローチの練習も、自宅で行うことが可能です。自宅でのアプローチ練習用のネットが販売されていて、短いアプローチならばこのネットに向けて打つことができますよ。ただし、集合住宅にお住いの方は注意する必要があります。ゴルフクラブとボール、床との衝撃は自分が思っている以上に下の階の方に衝撃として伝わります。夜の練習を控えるのはもちろんのこと、何らかの衝撃・消音対策は忘れないようにしてください。

 

もう1つ、赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭でも注意が必要です。パッティングで転がったボールでさえ、赤ちゃんの柔らかい頭にはかなり危険な衝撃となりますよ。転がっているボールを口にくわえないように、ボールを床に転がしたままにしないことも大切です。

関連ページ

ゴルフにおいて大切なパターの打ち方を練習しましょう
ゴルフにおいて、パッティングは非常に重要です。全ショットの3分の1以上をパターが占め、メンタル面にも影響を与えるためです。正しいパターの打ち方を練習しておきましょう。
ゴルフに大切なパター上達法
パター上達法の第一歩は、正しいアドレスを身につけるところから始まります。床やじゅうたんに印をつけ、まっすぐに構えられているかどうかを確認してみましょう。
ゴルフの難所、パットの打ち方
ゴルフにおいて、パットの打ち方は距離感と方向性を合わせるのみですが、非常に難所でもあります。方向性についてはフェースをまっすぐ引き、打ちだす練習を継続することで、まっすぐに転がせるよう練習しましょう。
ゴルフ初心者のスコアも左右するパター
ゴルフ初心者にとって、パターも非常に大切なクラブです。ショートパットの成功率を高めることで、スコアも大幅に変わってきます。まっすぐ引き、まっすぐ押し出す基本を身につけましょう。
自宅でパター練習を行うのは効果的です
自宅でパター練習を行うことは非常に大切です。カップに入った、入らなかったよりも毎回同じフィーリングでパッティングできているか、パターをまっすぐ動かせているかを確認しましょう。
ゴルフのスキルアップに有効な練習方法
ゴルフのスキルアップには、正しい練習方法を心がけることが大切です。グリップ・スイングフォームの基礎を固めることで、ドライバーからウェッジまで応用がききます。
自宅でアプローチ練習ができるゴルフ用具
タバタから販売されている、「パッとアプローチ」は、折り畳み傘のような収納スペースでありながら、ヒモを引っ張ることで簡単な練習ネットになり、自宅でアプローチが練習できるグッズです。