ゴルフのスキルアップに有効な練習方法

ゴルフのスキルアップに有効な練習方法

ゴルフのスキルアップを心がけている方は、正しい練習方法を心がけることが非常に大切です。特に短期間でスキルアップを目指している方にとっては、練習方法次第でその効果が大きく左右されますよ。

 

ゴルフのスキルアップに最も大切な部分が、グリップとスイングフォームを固めることです。この2つの基礎さえしっかりと固めることができれば、ドライバー・アイアン・ウェッジどのクラブにも応用させることができますよ。

 

グリップでは、右手の親指と人差し指でできるVの字がクラブの中心を指す、「スクエアグリップ」を意識して練習するようにしましょう。このグリップは、ドライバーからショートアイアン・ウェッジまで全てのクラブに使うことができますよ。

 

スイングフォームについては、右肩をダウンスイングで突っ込まないように心がけることが大切になってきます。そのために効果的な練習方法は、あえて左肩に意識をおくことです。左肩を右足の真上の位置に持ってくるようにトップを作ることで、右肩の突っ込みを防ぐことができますよ。

 

最後に、アプローチやパッティングといった小技のスキルアップは家でも練習することができますよ。ドライバーショットなどはなかなかゴルフ練習場以外では練習できませんが、パッティングなどは是非自宅でこつこつと練習するようにしましょう。忙しい方は、実際のラウンド前だけでもパッティングを練習するのが効果的です。感覚がかなり大事なパッティングですので、前日にある程度転がしておくだけでもだいぶ違いますよ。

関連ページ

ゴルフにおいて大切なパターの打ち方を練習しましょう
ゴルフにおいて、パッティングは非常に重要です。全ショットの3分の1以上をパターが占め、メンタル面にも影響を与えるためです。正しいパターの打ち方を練習しておきましょう。
ゴルフに大切なパター上達法
パター上達法の第一歩は、正しいアドレスを身につけるところから始まります。床やじゅうたんに印をつけ、まっすぐに構えられているかどうかを確認してみましょう。
ゴルフの難所、パットの打ち方
ゴルフにおいて、パットの打ち方は距離感と方向性を合わせるのみですが、非常に難所でもあります。方向性についてはフェースをまっすぐ引き、打ちだす練習を継続することで、まっすぐに転がせるよう練習しましょう。
ゴルフ初心者のスコアも左右するパター
ゴルフ初心者にとって、パターも非常に大切なクラブです。ショートパットの成功率を高めることで、スコアも大幅に変わってきます。まっすぐ引き、まっすぐ押し出す基本を身につけましょう。
自宅でパター練習を行うのは効果的です
自宅でパター練習を行うことは非常に大切です。カップに入った、入らなかったよりも毎回同じフィーリングでパッティングできているか、パターをまっすぐ動かせているかを確認しましょう。
ゴルフのアプローチ・パッティングは自宅でも練習可能です
パッティングやアプローチも、自宅で練習することは可能です。集合住宅の方や、赤ちゃんや小さなお子様がいる方は練習の際十分な注意を払いましょう。
自宅でアプローチ練習ができるゴルフ用具
タバタから販売されている、「パッとアプローチ」は、折り畳み傘のような収納スペースでありながら、ヒモを引っ張ることで簡単な練習ネットになり、自宅でアプローチが練習できるグッズです。