ゴルフでよく聞くフック・スライスとは

ゴルフでよく聞くフック・スライスとは

ゴルフにおいて、よくフックやスライスといった言葉を耳にすることがあると思います。フックとは、スライスとはどのような球でしょうか。

 

フックとは、打球が打者の利き腕とは逆側に曲がっていくボールです。右利きの方であれば、右から左に曲がっていく軌道を描きます。ドローも、フックと同じく左方向へ曲がっていく球です。フックはドローよりも曲がりが大きく、多くの場合意図しないのに曲がってしまい、フェアウェイから大きく外れてしまう時にそう呼ばれますね。一方で、プロゴルファーなどは意図的にドローボールを打つこともあります。

 

スライスとは、フックとは逆に打球が打者の利き腕側に曲がっていくボールです。フェードボールも、スライス同様の方向に曲がる打球です。このフェードも、スライスとは違い曲がりがそれほど大きくありません。

 

プロゴルファーや上級者の方であれば、状況次第でドローやフェードを打ち分けることもありますが、初心者の方はまずまっすぐ飛ばすところから始めなければなりません。フックやスライスといった症状に悩んでいる方も多いことと思います。

 

アドレス・グリップ・スイングの軌道など、さまざまな原因で打球はスライスやフックしてしまいます。初心者の方であれば、なかなか原因を特定することは難しいものです。なかなか治らないようであれば、レッスンを受けたり上手な方にスイングを見てもらうほうがよいでしょう。悪いスイングを繰り返して、クセが身についてしまわないうちに修正するべきです。

関連ページ

ゴルフでスライスを克服するには
多くのゴルファーが悩むスライスを克服するには、サイドスピンを抑える必要があります。アウトサイドインのスイングを修正し、脇を締めて力まずコンパクトにスイングしましょう。
スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね
どうしても打球がスライスすることで悩むゴルファーの方は、スイングやグリップが正しいかどうか確認する必要があります。ゴルフクラブそのものがスライスの原因となっていることもあります。
スライス対策のためのゴルフ練習法
ゴルフのスコア上昇に欠かせないスライスは、アウトサイドインのスイング軌道を修正するため、体の開きや力みをなくす練習を心がけましょう。
多くのゴルファーが悩むスライスを修正する
スライスは原因をしっかり追究すれば、修正することも不可能ではありません。ボールの置き場所、スイング、グリップなど様々な原因が考えられますよ。
ゴルフ初心者が陥りやすいスライス
ゴルフ初心者が陥りやすいスライスは、クラブの振り遅れによるサイドスピンが原因である場合が多いです。左肩に壁を作り、右足に体重を残すことで振り遅れを解消しましょう。