ゴルフでスライスを克服するには

ゴルフでスライスを克服するには

初心者から中級者までのアマチュアゴルファー最大の悩みといえば、なんといってもスライスではないでしょうか。多くのゴルファーが様々な方法でスライスを克服しようとしています。しかし、間違った方法をとってはいけません。自分のスイングで本来正しかった部分までおかしくしてしまうことになりかねませんよ。

 

多くの方が、アイアンは真っ直ぐ飛ばせるのにドライバーショットがスライスしてしまうのではないでしょうか。ゴルフにおいて最初のティーショットが悪いところに飛んでしまえば、2打目以降気持ちよくショットすることもできませんし、ゴルフの楽しみを100パーセント感じることも難しいですね。ドライバーショットでのスライスを克服するには、まずスライスが「サイドスピン」で生じることを理解する必要があります。

 

よく、スライスを克服しようとやや左に「引っ張り」に行くような感じでスイングをする方がいますが、それではスライスを解決できません。なぜなら、ボールに対してクラブヘッドを真っ直ぐに当てず、外側から当てていくことになるため、ボールにサイドスピンの回転がかかってしまうためです。アウトサイドインの軌道でクラブを振ってしまうと、より大きくスライスしてしまいますよ。もちろん、同じ理由でヘッドのフェースをあらかじめ左に向けておくのも解決になりません。

 

ボールに対して平行にヘッドを当てるため、脇を締めて力まずスイングすることが大切です。ダウンスイングで右肩の突っ込みを抑え、コンパクトに振りぬくようにしましょう。

関連ページ

ゴルフでよく聞くフック・スライスとは
フックとは、打球が打者の利き腕とは逆側に曲がっていくボールです。一方スライスとは、フックとは逆に打球が打者の利き腕側に曲がっていくボールです。
スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね
どうしても打球がスライスすることで悩むゴルファーの方は、スイングやグリップが正しいかどうか確認する必要があります。ゴルフクラブそのものがスライスの原因となっていることもあります。
スライス対策のためのゴルフ練習法
ゴルフのスコア上昇に欠かせないスライスは、アウトサイドインのスイング軌道を修正するため、体の開きや力みをなくす練習を心がけましょう。
多くのゴルファーが悩むスライスを修正する
スライスは原因をしっかり追究すれば、修正することも不可能ではありません。ボールの置き場所、スイング、グリップなど様々な原因が考えられますよ。
ゴルフ初心者が陥りやすいスライス
ゴルフ初心者が陥りやすいスライスは、クラブの振り遅れによるサイドスピンが原因である場合が多いです。左肩に壁を作り、右足に体重を残すことで振り遅れを解消しましょう。