スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね

スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね

ドライバーショットがスライスするという悩みを抱えるアマチュアゴルファーは後を絶ちません。どうしても打球がスライスするという方は、スイングやグリップが正しいかどうか、一度見直す必要がありそうです。

 

スイングで気をつけるべきことは、きちんと脇が締まっているかどうか、トップで左肘が曲がりすぎていないかどうか、ダウンスイングで右足にもしっかり体重が残っているかどうか、右肩が突っ込みすぎていないかどうかになります。こういったポイントは、力めば力むほど実践が難しくなります。ゴルフは腕や肩だけでクラブを回すスポーツではないという基本に今一度立ち返り、下半身の安定感を大事にスイングしましょう。

 

続いて、グリップもアマチュアゴルファーのスライスの原因として多くのパーセンテージを占めています。グリップで右手の甲が上を向き、左手の甲が下を向くような形になっていませんか。そのようなグリップであれば、どうしてもインパクトの際にヘッドのフェーズが開いてしまいます。右から左にこするような形でボールをヒットしてしまうので、打球が大きく右にスライスすることになるのです。ボールに対してグリップがしっかり平行になっているかどうか、毎回確認するクセをつけましょう。

 

スイング、グリップを見てもスライスの原因がわからない場合、ゴルフクラブそのものを選びなおしたりすることも選択肢に上がってきます。自分に合わない重すぎるクラブ、長すぎるクラブを持っている場合もスライスになりやすいですよ。

関連ページ

ゴルフでよく聞くフック・スライスとは
フックとは、打球が打者の利き腕とは逆側に曲がっていくボールです。一方スライスとは、フックとは逆に打球が打者の利き腕側に曲がっていくボールです。
ゴルフでスライスを克服するには
多くのゴルファーが悩むスライスを克服するには、サイドスピンを抑える必要があります。アウトサイドインのスイングを修正し、脇を締めて力まずコンパクトにスイングしましょう。
スライス対策のためのゴルフ練習法
ゴルフのスコア上昇に欠かせないスライスは、アウトサイドインのスイング軌道を修正するため、体の開きや力みをなくす練習を心がけましょう。
多くのゴルファーが悩むスライスを修正する
スライスは原因をしっかり追究すれば、修正することも不可能ではありません。ボールの置き場所、スイング、グリップなど様々な原因が考えられますよ。
ゴルフ初心者が陥りやすいスライス
ゴルフ初心者が陥りやすいスライスは、クラブの振り遅れによるサイドスピンが原因である場合が多いです。左肩に壁を作り、右足に体重を残すことで振り遅れを解消しましょう。