スライス対策のためのゴルフ練習法

スライス対策のためのゴルフ練習法

多くのゴルファーが悩むスライス対策には、どのような練習方法が効果的でしょうか。多くの場合、スライスをする原因はアウトサイドインに入ってくるスイングの軌道であることと思います。まずは、そのスイング軌道を修正するところからスライス対策を始めませんか。

 

スライスを減らすことは、ゴルフのスコア上昇に直結しますよ。OBやハザード、バンカーを避け、しっかりとフェアウェイをキープすることで大崩れしなくなるためですね。

 

ひじ・ワキをしっかり締めて、体の開きを抑えて打つようにする練習を行いましょう。練習ですから、最初はフルスイングをする必要は全くありません。ボールをしっかりととらえることを最優先にスイングしましょう。インパクトの瞬間に右足に体重を残す意識を持つことで、クラブのヘッドが遅れて出てくることを防ぐことができます。アドレス時と同じくらいの体の角度を保つよう努めましょう。

 

また、とにかくクラブを大きく振り回してしまう方の場合、力みをなくすことが何よりもスライス対策になります。上級者の方であっても、ここ一番で飛ばしてやろうと力むことでスライスしてしまうことがあります。ゴルフをはじめて日が浅い方にとっては、なおさら力みは正しいスイングを妨げるものになるでしょう。

 

特に、グリップに力みがあってはいけません。グリップを強く握りすぎてしまうと、どうしてもその力みがひじ・腕・肩と伝わってしまいます。その結果、肩が開いてしまいスライスを誘発してしまうことにつながるのです。

関連ページ

ゴルフでよく聞くフック・スライスとは
フックとは、打球が打者の利き腕とは逆側に曲がっていくボールです。一方スライスとは、フックとは逆に打球が打者の利き腕側に曲がっていくボールです。
ゴルフでスライスを克服するには
多くのゴルファーが悩むスライスを克服するには、サイドスピンを抑える必要があります。アウトサイドインのスイングを修正し、脇を締めて力まずコンパクトにスイングしましょう。
スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね
どうしても打球がスライスすることで悩むゴルファーの方は、スイングやグリップが正しいかどうか確認する必要があります。ゴルフクラブそのものがスライスの原因となっていることもあります。
多くのゴルファーが悩むスライスを修正する
スライスは原因をしっかり追究すれば、修正することも不可能ではありません。ボールの置き場所、スイング、グリップなど様々な原因が考えられますよ。
ゴルフ初心者が陥りやすいスライス
ゴルフ初心者が陥りやすいスライスは、クラブの振り遅れによるサイドスピンが原因である場合が多いです。左肩に壁を作り、右足に体重を残すことで振り遅れを解消しましょう。