多くのゴルファーが悩むスライスを修正する

多くのゴルファーが悩むスライスを修正する

多くのアマチュアゴルファーが陥りやすいスライスですが、原因をしっかり追究すれば、修正することも不可能ではありません。

 

たとえば、ボールを置く場所を変えてみてはどうでしょう。ボールを置く位置が左足寄りすぎるため、スライスをしている方も結構多いのです。5センチ、10センチといった微妙な誤差がゴルフではとてつもない大きな影響を与えます。左足のかかとの先あたりがドライバーショットの際にボールをセットするのが一般的ではありますが、一度ボールを置く位置も微修正してみてはいかがでしょうか。

 

次に、最も多いスライスの原因であるスイングについて。スイングの際に右肩が下がり、アウトサイドインの軌道でインパクトを迎えるため、ボールにサイドスピンがかかってしまうパターンです。これを修正するためには、脇を締めたコンパクトなスイングで力まないことが一番です。遠くへ飛ばそうという意識は、スライスの大敵ですよ。

 

次に、グリップの問題です。グリップに力みがあったり、右手がボールに対してかぶる形(前方に出る形)でゴルフクラブを握ってしまうと、インパクトの際にヘッドのフェースが開いた形でボールにヒットします。野球でいう、右打者の流し打ちのような感じですね。野球を見る方は、流し打ちの打球が一塁線の方向に曲がって切れていき、ファールになるのがおわかりいただけると思います。

 

ゴルフクラブそのものによっても、スライスしやすいクラブやフック気味の打球が出やすいクラブというものがあります。シャフトのしなり方やバランスで、打球の方向をある程度修正することも可能です。スライス気味の弾道で悩んでいる方は、クラブ選びも新調に行いましょう。

関連ページ

ゴルフでよく聞くフック・スライスとは
フックとは、打球が打者の利き腕とは逆側に曲がっていくボールです。一方スライスとは、フックとは逆に打球が打者の利き腕側に曲がっていくボールです。
ゴルフでスライスを克服するには
多くのゴルファーが悩むスライスを克服するには、サイドスピンを抑える必要があります。アウトサイドインのスイングを修正し、脇を締めて力まずコンパクトにスイングしましょう。
スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね
どうしても打球がスライスすることで悩むゴルファーの方は、スイングやグリップが正しいかどうか確認する必要があります。ゴルフクラブそのものがスライスの原因となっていることもあります。
スライス対策のためのゴルフ練習法
ゴルフのスコア上昇に欠かせないスライスは、アウトサイドインのスイング軌道を修正するため、体の開きや力みをなくす練習を心がけましょう。
ゴルフ初心者が陥りやすいスライス
ゴルフ初心者が陥りやすいスライスは、クラブの振り遅れによるサイドスピンが原因である場合が多いです。左肩に壁を作り、右足に体重を残すことで振り遅れを解消しましょう。