ゴルフ初心者が陥りやすいスライス

ゴルフ初心者が陥りやすいスライス

ゴルフ初心者がどうしても陥ってしまいがちなのが、スライスです。ゴルフの第一打からスライスしてしまうと、OBや林に打ち込んでしまう原因ともなってしまいます。結果、気分まで滅入ってしまいますよね。逆に、第一打をまっすぐフェアウェイに打つことができればゴルフも楽しくなってきます。楽しくプレイできれば、スコアも上昇しやすくなりますから初心者脱出も早くなりますよ。

 

スライスは、ボールにサイドスピンが起こることで生じます。このサイドスピンを生んでいるのは、主にクラブヘッドとボールが平行に当たらない悪いインパクトです。初心者の方は、なぜまっすぐ構えたはずのクラブヘッドがいつの間にか右に向いてしまうのか不思議に思われるかもしれません。

 

その原因となっているのは、クラブの振り遅れである場合が多いんです。そう考えると、ドライバーのように長く重たいクラブほどスライスする確率も高く、曲がり幅も大きくなることが納得いくのではないでしょうか。

 

ダウンスイングの際、右肩を突っ込んで下ろしてしまうためにクラブよりも先に体が回ってしまうことでこのクラブの振り遅れが生じます。「クラブが体を追い越すような感じ」といったフレーズを耳にしたこともあると思います。左肩でしっかり壁を作り、インパクトまで右足に体重を残しておくことでクラブの振り遅れを矯正することができますよ。

 

また、長いクラブを使っている方は短いクラブに持ちかえることでスライスの症状を緩和することができます。自分の体に合ったゴルフクラブを選ぶことも大切なことですよ。

関連ページ

ゴルフでよく聞くフック・スライスとは
フックとは、打球が打者の利き腕とは逆側に曲がっていくボールです。一方スライスとは、フックとは逆に打球が打者の利き腕側に曲がっていくボールです。
ゴルフでスライスを克服するには
多くのゴルファーが悩むスライスを克服するには、サイドスピンを抑える必要があります。アウトサイドインのスイングを修正し、脇を締めて力まずコンパクトにスイングしましょう。
スライスする打球に悩むゴルファーは多いですね
どうしても打球がスライスすることで悩むゴルファーの方は、スイングやグリップが正しいかどうか確認する必要があります。ゴルフクラブそのものがスライスの原因となっていることもあります。
スライス対策のためのゴルフ練習法
ゴルフのスコア上昇に欠かせないスライスは、アウトサイドインのスイング軌道を修正するため、体の開きや力みをなくす練習を心がけましょう。
多くのゴルファーが悩むスライスを修正する
スライスは原因をしっかり追究すれば、修正することも不可能ではありません。ボールの置き場所、スイング、グリップなど様々な原因が考えられますよ。