ゴルフ初心者の上達法

ゴルフはゴルフクラブという道具を使うスポーツです。ゴルフ以外にも道具を使ってボールを打つスポーツは野球やテニス、ホッケー等がありますが、ゴルフがこれらのスポーツと大きく異なる点は道具(クラブ)が1種類ではなく、ドライバー、アイアン、パターなど最大14本までのゴルフクラブを状況に合わせて使い分けないということです。自然を相手にするコースでのラウンド時に、様々な状況に応じてゴルフクラブを使いこなすのは...

ゴルフが上達する秘訣は、正しいゴルフスイングができているかどうかが一番のポイントと言えるでしょう。そして、正しいゴルフスイングを行うには、正しい構えができていなければいけません。正しい構えを行う手順を、アドレス・重心・スタンス・ボールの位置について順番に説明していきます。まず、アドレスですが、両足を肩幅程度に開いてボールの目標方向と平行に立ち、両足を20度くらい開きます。両膝をやや曲げて上体は背筋...

至極当然のことですが、人間の下半身と上半身は連動しています。ゴルフのスイングについても同じことです。上半身だけでボールを打つことはできませんし、下半身だけでも不可能です。言い換えれば、ゴルフで肝心なスイングの際の右足から左足への体重移動も、肩や腕の力をしっかりボールに伝えるのに必要ということです。しかし、体重移動の意識が強すぎるのは考えものです。インパクトの際には、しっかりと右足に体重を残す意識を...

ゴルフで多くの方が悩んでおられる、スライス。様々な原因があります。肩の開き、足の体重移動、手首の返り方、アドレスの悪さ、ゴルフクラブが合っていないなど。その中で、スイング中に見られる原因で多いのが右肘の使い方です。少年野球をやっていた方などは、よく指導者の方からバッティングの際は肘をたたんで打つように指導されたのではないでしょうか。この「肘をたたんで打つ」というのは、一つはバットとボールの距離を最...

ゴルフのスイングで大切なことの一つに、肩の使い方がありますね。肩を使わず、腕や手先だけでボールを打っては、飛距離も伸びませんしミスショットも多くなります。肩をしっかり正しい方法で回すことで、スイングも安定し疲れにくくなります。ゴルフを始めたばかりの方で、多くの方が悩むのは特に右肩です。右肩がダウンスイングの際、どうしてもボールにかぶるような形に「突っ込む」ことでスライスを連発してしまうのです。スイ...

ゴルフにおいて、よく言われることの1つに「スイングのタメを作ること」があげられていると思います。プロゴルファーもあらゆる方法でスイングのタメを作っているのですが、今一つこの点についてピンと来ない方も多いのではないでしょうか。そもそも、なぜスイングのタメが必要なのでしょうか。スイングのタメを作る理由は、インパクト時のヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばすためです。このヘッドスピードを加速させるため、ダ...

ゴルフのスイングで、飛ばそうという意識が強ければ強いほど陥りがちなクセが、左肘を大きく曲げてしまうことです。左肘が曲がってしまうことで、脇が開いてしまいます。ダウンスイングで右腕が遅れて出てきてしまいますから、どうしても窮屈なスイングになってしまいますね。この左肘を曲げるクセを治すためには、一つ目にオーバースイングをしない意識を持つことです。いくら飛距離が出ても、フェアウェイをとらえることができな...

近年故障に悩まされているトッププロゴルファー、タイガー・ウッズ。彼がどこの故障により手術をしていたか、ご存知でしょうか。タイガー・ウッズが手術を行った部位は左ひざです。プロであってもスイングの際には左ひざに大きな負担がかかるということですね。アマチュアゴルファーでも、スイングで左ひざの果たす役割は非常に大きなものがあります。下半身の安定が理想的なアドレス・スイングフォームを形成するには欠かせません...

ゴルフのスイングは、一言で言ってしまえば「回転運動」ですね。体のボディーターンで、ボールをより遠くへ、まっすぐ飛ばす運動ということができます。では、この「回転運動」に必要な要素とはいったいなんでしょう。遠心力などを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、まずはコマを思い浮かべてみてください。コマを支えているのは、中心にある軸。ゴルフについても、スイングの軸を一本通さなければ、バランスがとれた正しい回...

ゴルフをする上で欠かせないのが、正しいボディーターンでスムーズに体重移動を行うこと。スイングは腕だけで行うものではないことは、多くの方が理解できていることと思います。理想的なスイングをするためには、下半身が非常に重要になってきます。飛距離を伸ばしたい方は、下半身の筋力を鍛えるのもいいですよ。スクワットやジョギング、モモあげといった運動がおすすめです。左右の足をバランスよく鍛えましょう。もちろんせっ...

どんなスポーツでも、なんでも簡単にうまくなってしまう運動神経の良い人は確かにいらっしゃいます。多くの人に親しまれているゴルフでもそれは同じです。スポーツ経験のある方のほうが、やはり上達はしやすいでしょう。野球選手なんかは、持ち前の腕っ節の強さもあってゴルフも非常に上手な方も多いですよね。一方、なかなかゴルフが上達しないということで悩んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。あるいは、最初よりは上手くな...

ゴルフ初心者のうちに是非固めておきたいのは、正しいスイングです。長年ゴルフを続けている方の中には、間違ったスイングフォームで長年ゴルフを続けてしまったために矯正が難しくなってしまった方もいらっしゃいます。是非、ゴルフをはじめたばかりの方は初心者の段階で正しいスイングを身につけてください。初心者の方がよく悩まれる症状の1つが、スライスだと思います。スライスの原因はさまざまですが、その多くはアウトサイ...

ゴルフにおいて、グリップの握り方は1つではありません。個人個人の握力、手の大きさなど体の特徴に応じて、適したグリップの握り方があるものです。一番ポピュラーなグリップの握り方は、「オーバーラッピング」と言われている握り方です。右手の小指を左手の人差し指の上に添えるグリップです。ゴルフクラブは右手よりも左手でスイングしていくものです。この「オーバーラッピング」は一番左手を使いやすい握り方になっています...

ゴルフの魅力の1つは、やはりドライバーで思いっきりフルスイングして、まっすぐ遠くへボールが飛んでいく感覚にありますね。しかし、ある程度安定した弾道を実現にできるようになってくれば、次はアイアンの正確性を増していくステージになってきます。スコアを意識するようになってきて、パーセーブが増えてくるとゴルフがますます楽しくなってくることでしょう。しかし、アイアンはドライバーとは異なるスイングが求められるク...

ゴルフでも野球であっても、飛距離を生み出すのはスイングスピードだけではありません。腕力だけでは、ボールは遠くへ飛んで行かないのです。ゴルフの飛ばし屋、野球のホームランバッターに共通して言えることは、腰の回転のパワーを上手にボールに伝えていること、そして下半身の踏み込みが力強いことです。ゴルフで飛距離が出ないからといって、スイングスピードを上げようとばかり努力している方はいませんか。その結果、スイン...

ボールから目を離さないということは、ゴルフスイングの基本ですね。近年、一部のトッププロでヘッドアップしてスイングをするゴルファーが出てきていますが、それは何千回何万回と同じフォームでスイングを繰り返してきた賜物です。アマチュアゴルファーは、やはりヘッドアップせずボールから目を離さないことが大切でしょう。しかし、この「ヘッドアップしてはいけない」という意識がやっかいです。この意識のせいで、スイングが...

ゴルフのドライバーショット。その飛距離は何によってもたらされるでしょう。腕力によるスイングスピードの差は確かに飛距離に影響します。しかし、それだけではありません。それ以上にアマチュアゴルファーにとって飛距離を分けるのが、体重を乗せたスイングをできているかどうかです。自分の体重をボールに伝えきることができなくては、いくら腕力があっても飛距離は伸びません。腕力でははるかに勝っているはずの、スポーツ経験...

ゴルフのスイングは、クラブが正しい軌道を描けるように行わなければなりません。このスイング軌道と、インパクトの瞬間のフェースの向きがどちらもまっすぐであれば、ボールはストレートに飛んでいくようになっています。逆にいえば、初心者ゴルファーが陥りやすいスライスの症状は、クラブのスイング軌道もしくはフェースの向きに問題があるために起こります。スライスになりやすいスイング軌道は、「アウトサイドイン」と呼ばれ...

ゴルフクラブの中で最も長く、最も重いクラブがドライバーです。そのため、ドライバーはゴルフの中でも非常にスイングが難しいクラブに属しています。しかし、ミドルホール・ロングホールのほとんどでドライバーを使うことを考えると、ゴルフは1ラウンドにつき最低でも10回以上はドライバーを使う計算になりますよね。また、ドライバーショットのミスはOBという大きなペナルティを招く可能性があります。難しいだけでなく、ゴ...

ゴルフのスイングは、体と腕の一体感を感じることができるようにすることが大切です。ゴルフクラブを直接握り、振るのは確かに腕ですが、腕だけでは絶対にボールをまともに飛ばすことはできません。体全体を使った回転運動が、ゴルフのスイングです。しかし一方で、体全体を大きくゆすり、腕と体をばらばらな状態でスイングを行うこともできません。体と腕の一体感を生むポイントは、正しいアドレスです。両腕を胸の横におき、しっ...

ゴルフの基礎は、正しい構えから行われるスイングにあります。スイング自体を練習することは、多くのゴルファーが行っています。しかし何千回何万回とスイングしても、スイング前の構え方が間違っていてはいけません。初心者ゴルファーの方は、一番最初に正しい構え方を身につけておくようにしましょう。まずは、ボールの位置について。ドライバーショットの際は、左足のかかとの線上にティーアップするのがよいでしょう。ひざを軽...

ゴルフのスイングは、腕だけで行うものではありません。体全体を使って行う運動であるため、一連のスイングモーションを安定させる必要があります。初心者のうちにしっかりしたスイングモーションを身につけ、アドレスからフォロースルーまでの動作をスムーズに行えるようにしたいですね。安定したスイングモーションのために必要なポイントの1つが、足の動きです。下半身の動きは上半身とも連動します。例えば、アドレスで軽く曲...

さまざまな人が、さまざまな理論を用いてスイングを指導しているのがゴルフというスポーツです。これほどまでに指導法が統一されておらず、ばらばらであるスポーツはゴルフ以外にそうないのではないでしょうか。そのため、初心者にとっては複数の方からアドバイスをもらってもなかなか実践が難しいことも多いです。場合によっては、複数のアドバイスを同時に守ろうとすることで逆効果にもなりかねません。ゴルフには、いくつかのス...

ゴルフのスイングは、自己流で身につけるのは非常に難しいです。一度悪い癖がついてしまえば、それを解消するのにはたいへんな労力を要すことにもなります。そのため、初心者ゴルファーの方はできるだけ先輩ゴルファーからアドバイスを受けるようにし、正しいスイングを身につける必要があります。ただし、忙しくて定期的にレッスンに通うのが難しいという方もいらっしゃるかもしれません。近くに腕がいいゴルファーの方がいない場...

当たり前のことですが、ゴルフはクラブをスイングしてボールを飛ばすスポーツです。もちろん移動するために歩いたりすることはありますが、プレイそのものに走る、投げる、蹴る、ジャンプするといった動作は一切必要としません。ですから、スイングの上達とはそのままゴルフの上達を意味します。スイングの基礎さえ固めることができれば、初心者ゴルファーはもう脱出です。100はおろか、90を切ることも夢ではありません。スイ...

ゴルフのスイングには、スイングをスムーズにするための様々なコツが存在します。そういったコツを一つずつ実践することが、ゴルフ上達の近道になります。特に、ゴルフの中でも重要になってくる体重移動は、実践しやすいコツもあります。練習段階からのこのコツを実践することができれば、実際のラウンドにもかなり役立ちますよ。体重移動を容易にするコツの1つめが、バックスイング時の左肩の位置を右足の真上にもってくる意識を...