グラウンドゴルフ パークゴルフ


「パークゴルフ」と「グラウンド・ゴルフ」では、やる場所がパークゴルフ場を使うのとグラウンドの場合は公園や広場が違いだと思われますが、それだけではないのです。ゲートボールは団体戦ですが、グラウンドゴルフもパークゴルフも個人戦なところは同じですが、違いはそれ以外のすべてと言ってもいいくらいです。

まず歴史も違います。パークゴルフは1983年に海道幕別町で「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として考えられたゴルフで、ルールはほぼゴルフと同じですが、専用のクラブ、ボール、ティーが必要になります。ゴルフをミニチュアにしたようなもので、1ホールが20メートルから100メートルですから、9ホールで500メートル以内になります。

パークゴルフはティーから第一打を打ちますからホールインワンを狙う気持ちが高まります。なかなかホールインワンは難しいですが(笑)。パークゴルフは、ゴルフと同じように大きなカップにボールを入れることでホールをあがります。


一方グラウンドゴルフは1982年に鳥取県東伯郡泊村で泊村教育委員会が作ったもので、生涯スポーツ活動推進事業の一環として考えています。使う用具は専用のクラブ、ボール、スタートマットにホールポストがあります。

グラウンドゴルフは、パークゴルフのように専用のゴルフ場があるのではないことが多く、する場所や人数などによってコースの設定は自由にできます。標準的には、アウトコースが30メートルと50メートルに4ホールに、インコースが15メートルと25メートルの4ホールで8ホールです。空振りをしても、打数にならないのも気楽にできるグラウンドゴルフの良さですね。

ホールインワンは、ゴルフだと3打が1打になりますが、グラウンドゴルフでは総打数から3つ引きますから、4打が1打になるようにものです。グラウンドゴルフは、ゴルフと違ってホールポストの下の輪っかまで転がせばホールをあがります。