パークゴルフ情報誌がいずれも休刊

パークゴルフ情報誌がいずれも休刊

パークゴルフの情報誌といえば、『月刊パークゴルフビュー』が唯一の専門誌として発行されていました。2000年の創刊以来11年にわたって発行されてきたのですが、このご時勢の厳しい環境にさらされたためか、2011年4月号にて休刊されることになってしまいました。技術的な面を掘り下げるだけでなく、おすすめのコースや大会の紹介、用品の特集、読者投稿による交流ページなど、盛りだくさんの内容でファンの間で月に一度の楽しみとなっていましたので、休刊を惜しむ声は多いのではないでしょうか。

 

また、無料で配布されるフリーペーパーで『パークゴルフ新聞』というものがあります。新聞と言いつつ毎月1度の発行ですが、5年以上にわたって情報を配信し続けていました。しかし、こちらもまた2009年で発行がストップしているのか、それ以降の発行状況がつかめない状態です。

 

『パークゴルフビュー』も『パークゴルフ新聞』も休刊となった今、それらの復活か新しい情報誌の登場が待たれるところです。

関連ページ

1983年 北海道生まれのパークゴルフ
パークゴルフとは、1983年に北海道十勝支庁の幕別町で考案されたニュースポーツです。
おすすめファッションと必須以外のパークゴルフ用品
専用のクラブとボールとティがあれば、パークゴルフを始めることは可能です。
クマゲラマークで有名 日本パークゴルフ協会
パークゴルフの日本協会は正式名称を「公益社団法人 日本パークゴルフ協会」といいます。
パークゴルフのルールはゴルフとほぼ同じ
パークゴルフのルールはほぼゴルフと同じで、 ティーグラウンドから第1打を打ってカップに入れるまでの合計打数が少ない人が勝ちとなります。
パークゴルフの公認クラブとは?
パークゴルフのクラブには、公認基準が存在します。
パークゴルフの技術的な打ち方4種
普通のゴルフと違い、パークゴルフは基本的にボールを打ち上げず転がしてカップを狙います。
パークゴルフの2大大会とは?
パークゴルフの大会は、 多くの場合が36ホールのストロークプレイ(合計打数の少ない人が勝ち)で行われます。
パークゴルフは会社の親睦会にも最適
親睦会でするスポーツといえばボーリング、アウトドアならバーベキューと、 同じものばかりになって困っている幹事さんは多いのではないでしょうか。
全国で900以上! パークゴルフ場
今や全国にパークゴルフ場が、なんと900ヶ所以上あります。
全国に続々 パークゴルフコース
パークゴルフをプレーするには、専用のコースが必要ですね。
写真の共有と整頓に、写真共有サイトがおすすめ
スポーツをする上で写真や動画を活用する方法といえば、仲間との思い出を記録するか、 練習で自分のフォームを撮影して改善点を見つけるぐらいだと思っていませんか? デジカメや携帯で誰でも気軽に撮影できるようになった今、 インターネットの写真共有サービスが注目されているのです。
必要な用具はクラブとボールとティの3つだけ
通常のゴルフは専用の用具がたくさんあって、揃えるのもお手入れも大変ですね。
憧れのマイ・クラブ 選び方のポイントは二つ
パークゴルフのクラブはヘッドとシャフトから成っています。
札幌市内でおすすめのパークゴルフ場
札幌市内でおすすめのパークゴルフ場をご紹介します。
正しいスイングを身につけよう
スイングとは、ボールを打つ際にクラブを後ろに引いて振り下ろす動きのことをいいます。
温泉にも入れるパークゴルフ場「パークゴルフ万博公園」
大阪の万博公園内にあるパークゴルフ場「パークゴルフ万博公園」は、 全18ホール、全長948メートルの、大阪でも人気のパークゴルフ場です。
頭で理解するよりも、クラブを使った練習こそ効果的
“ゴルフ 上達法”でインターネット検索すれば、 情報満載のサイトや書籍の案内がたくさんヒットしますよね。